単体 C

「悟り」とは進化の道 単C

Report No.258

神の心が「天」であり、神の体が「地」で、永遠に天地一体です。

生命が「天」であり、物質が「地」で、永遠に天地一体です。

生命即物質とは、別の角度から言えば天地一体ということです。

天地一体が善であり、天地の分離が悪です。

大宇宙が生命即物質、神の心即神の体として永遠に存在しているということは、大宇宙の存在はそれ自体が天地一体にして「善」であるということです。

関連記事

  1. 救世の4原理 5 単C

  2. 全人類救済と全人類幸福の共通点 単C

  3. 精神即物質とは、神の公平さの表現 単C

  4. 救世の4原理 21 単C

  5. 既存宗教 キリスト教 単C

  6. あの世の構造 単C

  7. 神の心とは、人類の本音である 単C

  8. 絶対性理論 6 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    神と共に生活する
  2. 単体 C

    神と共に生活する 単C
  3. Truth

    総括 9
  4. 単体 T

    総括 9 単T

最近の記事

  1. 総括 9

    2024.03.2

  2. 総括 9 単T

    2024.03.2

  3. 宇宙の山

    2024.02.28