単体 C

「黄金」と「石ころ」 単C

Report No.334

「神とは何か」と問われた時、人は神は愛なり、神は慈悲なり、神は秩序なり、神は正義なりと答えます。

それはそれで間違いではありませんが、それだけならばあまりにも抽象的です。

あの世でモーゼが述べておりましたように「正義とは神の正しさ」であり、「人間の正しさ」ではないわけです。

人間の表面意識は、その知識・思考・概念・認識・情操、全て相対的な性質しか有しておらず、この表面意識の相対性から正義は来ないのです。

その表面意識を超えた潜在意識から「神の正しさ」、いわゆる正義は来るのです。

表面意識が悪であり、潜在意識が善である。

これを悟ったならば、悟りの境地に入ったと見て良い : 高橋信次

関連記事

  1. 「悟り」とは進化の道 単C

  2. 救世の4原理 66 単C

  3. 善悪の根源的原理 1 単C

  4. 神について Ⅰ 単C

  5. 救世の4原理 4 単C

  6. 回想 7 単C

  7. 宗教改革 単C

  8. GLAの教義と生長の家の教義 比較 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理