イギリスの次期首相決定

噴火警戒レベルに変更はないのですが、少しメキシコのポポカテペトル火山の噴火が多くなってきています。

ソース

7月21日には1日に、なんと「30回」も噴火しています。

「30回」の噴火というのは、そうそうないと思う。

昨日も「4回」噴火しています。

噴気も全体的傾向としては増加基調にあると思いますが、それでも噴火警戒レベルは、イエローのフェーズ2です。

この増加傾向が続きますと、近いうちに噴火警戒レベルが引き上げられるかもしれません。

このポポカテペトル火山は、かつてとても親切な宇宙人の方が、この火山が噴火すれば世の終わりが始まると警告してくれていた火山です。

ニューヨークでは熱波が襲来しており、アラスカのアンカレジでも歴代最高気温を更新していました。

ソース

過去最高気温である「85℉(摂氏29.4℃)」を超え、「90℉(摂氏32.2℃)」を記録しています。

北米は「ヒートドーム現象」によって気温が上昇しているようです。

ポルトガルの山火事も、22日の早朝には「90%」鎮火したと言われていたのですが、午後から風が強まり、火勢が再び強まったようです。

ポルトガル山火事、風にあおられ火の勢い増す AFP

消防隊員1300名が消火にあたっています。

対する南半球は冬であり、アルゼンチンでは雪が降っています。

インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタンの4か国は、大規模な洪水や落雷により計「650人以上」が死亡し、「1000万人」が被災しています。

ほんと気候が不安定ですと、雲まで不安定であり、ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲が出現しています。

カナリア諸島です。

ソース

アメリカのポートランドです。


ソース

日本では徴用工問題で韓国ともめておりますが、韓国側は、三菱重工の韓国資産を現金化する動きに着手したようです。

日本製鉄、不二越に続き3社目です。

元徴用工の方が既に3名死亡しており、これ以上待てないということでしょう。

神道は従軍慰安婦の方でも全員死ぬのを待っているわけであり、徴用工でも同じでしょう。

仕方ない対応だと思います。

神道の悪は、ほんとえげつないですからね。

過ちて改めざる是を過ちという(あやまちてあらためざるこれをあやまちという)

まさに過ちの国です。

74年間も反省せず、訂正もせず、はした金で解決しようとする態度ですからね。

従軍慰安婦、たいめん鉄道、南京大虐殺、朝鮮人強制連行、徴用工、731部隊の人体実験、バターン死の行進、重慶への絨毯爆撃等々、皇軍の犯罪行為は、挙げればキリがありませんからね。

それでも人間ですから、ドイツ人のように心の底から反省すれば、許し難くても許そうとするものです。

ところが神道はそれをしない。

日中、日韓が決して真の和合がないのは、日本側が決して反省せず、過去の過ちも認めず、ごまかそうとするからです。

少なく見積もっても2000万人以上を虐殺しておいて、一切反省しないのです。

戦後、74年間もごまかしてきたわけですから、今さら謝罪しても白々しいだけでしょうね。

なぜ、反省しないのか?

正義(神の心)を信じている国民ではなく、力(神の体)を信じている国民だからです。

先の大戦も、力がなかったから負けたのだ、換言すれば力があれば、勝てたのだと思っており、悪だの罪だのと思っていないわけです。

そうではなく、力がなかったから負けたのだ、だからひたすら力だけを目的とするのです。

アメリカに善悪など関係なく、ひたすら阿諛追従し、おべんちゃらを言って追随するのも、力に服従している民族だからであり、神道系がその源になっています。

国内でもしているから、国外でもみっともないアメリカ追随をするのです。

力があれば好き勝手できるのだ、と思っており、力があれば、あのうるさい中国人と韓国人の口をふさぐことができる。

だからアメリカを利用して、その口をつぐませてきた。

事実、アジアで好き勝手やっていたわけです。

ヒトラーでも600万人です。

どうすれば2000万人以上を殺せますか?

だから原爆で強制的に止めたわけですが、止めても、「力がなかったから負けたのだ」とひたすら信じており、力があれば勝てたのだ、力や国際的影響力、富や地位が目的であり、そのために表面だけは、ひたすら善のみを語るわけです。

力と地位、名誉と影響力のためです。

善のためではありません。

真の悪の一つでしょうね。

ゼウス神だの欧州系の諸神霊と対立するのは当たり前であり、中国や韓国だけではなく、我々をも敵に回したわけです。

日本は旧ソ連を超えた全体主義の国であり、自民党一党独裁のなんちゃって民主主義ですから戦後、悪だけは巧妙化しています。

決して反省せず、むしろ証拠隠滅をし、ごまかし、時間稼ぎをし、何とか証人の死を待っているわけです。

まだ被害者の方が生きてるのに。

その面前で公然と罪状の隠ぺいをしているわけです。

真理の世界でも同じです。

ヨーロッパと中国の文明を創造してきた名立たる偉人が出ているのですが、すべて日本で神道が抑えています。

神道系以外はすべて抑えています。

たとえばスピノザも日本に生まれているのですが、ずっと抑えています。

恐らく既に60才近いはずですが、まだ世に出ていないのです。

恐らく神道が富で抑えているのでしょうが、異常者の集まりです。

スピノザと言えば、「神に酔える人」と呼ばれ、ヨーロッパでは知らぬ人はおらず、あのアインシュタイン博士にして、聖書は信じないけれども、スピノザの哲学は信ずると言わしめたほどの大哲学者ですが、日本に生まれているのですね。

中国の高僧もそうですし、当サイトもそうですが、神道以外は自分達が利用できないものだから、みな抑えているわけです。

今回の大救世運動のためにみな出ていたのですね。

だから福島で滅ぼされたわけです。

彼らはやめないからですし、明らかな異常犯罪行為だからです。

ナチスと組んでいた頃より、遥かにこの国では悪が進化しています。

釈迦や光の天使に対してすら、こうですから、中国人や韓国人相手には、もっと傲慢な態度でしょうね。

だからこの国は衰退しているわけです。

異常なことをしているのは、韓国人や中国人ではなく、明らかに神道なのです。

すべて密室ですけどね。

ほんと、陰湿な国で。

こいつらは神約民主論国家実現の際には、利用できないように、永久敵国条項に指定しておく予定です。

死んだ後の利用を狙っているからです。

1991年以後、真理を抑えることによって世界中で多くの犠牲を出したわけですから、その罪は天皇を中心に神道は支払う必要がある。

自分で犯した罪なのですから、自分で支払いなさいということです。

福島はその前兆に過ぎない。

今は皇居で毎日、放射能を吸っているようですが。

諸神霊は、どこの国でも犯す地上人間の通常の悪ぐらいで福島のようなことまではしません。

あの寛容なゼウス神にしてそこまでやらせるというのは、異常な悪を組織的に犯す連中だということです。

そして真の悪は、適法性と道徳性から言って、必ず善に見える。

韓国人が、日本人の目に異常に見えるとしたら、それは彼らはこの異常な神道系の悪と100年以上、接してきたからです。

韓国で日本製品の不買と不売の運動が起こっておりますが、3か月もじっとしていれば、すぐに忘れて、事態は沈静化すると思っている。

これですね。

ヒトラーの風貌にさせ、日本製品の不買運動をしています。

ソース

ここにはこう書かれています。

「独島(日本名:竹島)は日本領土だ。

慰安婦は補償した。

強制徴用はなかった。

生体実験は証拠がない。

そして浮島丸は事故だった」

ナチスと組んでいた連中が、政界・財界・メディア・医学界・薬品業界等々を戦後もずっと裁かれることなく、牛耳ってきた国です。

医学界は731石井部隊の残党共が牛耳り、政界を牛耳っているのは、パールハーバーを決断した内閣の大臣をしていた岸信介の孫です。

朝鮮人強制連行によって朝鮮人の血を吸い、肥え太ってきた麻生財閥の御曹司もいます。

ドイツと真逆なわけです。

ドイツでは戦後、ナチスの残党共が、ドイツの政界・財界・メディア・医学界等々を牛耳ることはなく、ナチスは今でも裁かれます。

ところが日本は、ナチスと組んでいた者達が、戦後もずっと牛耳ってきたのです。

本来ならば、戦後とっくの昔に処刑されている者達ばかりですが、これが日本を牛耳ってきたのです。

どっかの国が天皇を戦犯名簿から外したのですね。

それがアジアの戦後の混乱を生み、中日、韓日の相互理解や和解を不可能にしたのです。

今でも不可能です。

ここら辺の異常な神道の性質を、日本人自身も理解していません。

2000万人を虐殺した張本人共が、無罪放免されたわけですから、どんな罪でも犯すでしょうね。

事実、犯してきたわけであり、それは今も続いており、それが今回の救世運動にまで来るとは思いませんでした。

それが日本の衰退と福島で出ているわけです。

神道は犯罪をやめないのですね。

こういうのは、原爆を落として強制的にやめさせるか、福島のようなことをするか、それでも犯罪を止めませんが、悪魔と同じで力で抑え込むしかないのです。

そのために中国と韓国だけではありませんが、反日国家群が今後繁栄していくわけです。

この国を世界の盟主にしようなんて、釈迦が選択したわけですが、周りの人間は本当迷惑しています。

昔から犯罪者を選んでは称賛しており、それが不思議でしたが、私が大嫌いな犯罪者のみを選択して、いつも大川さんはその犯罪者を称賛するのですね。

それが昔から不思議だったのですが、国の選択まで犯罪国家でした。

はっきり言って迷惑しています。

ただ知らなかった悪の問題において学ぶことが多かったことも確かです。

後は『神約民主論』で民主主義諸国を進化させ、世界の盟主と繁栄を真理に基づいて創造していく事業が残っているだけです。

イギリスの次期首相にボリス・ジョンソン氏が就任しますが、24日に正式に首相となります。

ボリス・ジョンソン前外相、イギリスの次期首相に決定 英保守党党首選 BBC

イギリスの与党・保守党は23日正午すぎ、党首選でボリス・ジョンソン前外相が勝利したと発表した。

ジョンソン氏は24日、正式にイギリスの首相となる。

ジョンソン氏は9万2153票を獲得。

対立候補のジェレミー・ハント外相は4万6656票に留まった。

投票率は87.4%だった。

早ければ首相就任後、2日で内閣不信任案が提出され、辞任すると揶揄されています。

既に5人の閣僚がジョンソン氏が首相に就任するならば辞任すると明言しています。

21日、まずガーク司法相が、ジョンソン氏が新首相になったら辞任すると発言し、22日、ハモンド財務相も辞任を公言し、ダンカン外務担当閣外相も既に辞任しています。

先週にはマーゴット文化・スポーツ相も辞任し、スチュワート国際開発相もジョンソン首相ならば辞任すると表明しています。

5人の閣僚は、ジョンソン新首相の合意なき離脱に抗議する形で辞任しています。

内閣不信任案が提出され、総選挙となれば、与党保守党の中にも造反組が出そうです。

厳しい政権運営が予想されます。

恐らく総選挙になると思ってますけどね。

関連記事

  1. 米韓合同軍事演習開始

  2. 暗雲漂う日米首脳会談

  3. ロンドン金融街・シティ崩壊

  4. 世界の浄化とは、民主主義の逆流現象

  5. 北朝鮮の軍事パレード

  6. 水産物輸入禁止の韓国をWTO提訴

  7. ロンドンの霧

  8. 合意なき離脱は不可避か !?

コメント

  1. Pretty! This has been an incredibly wonderful article.
    Many thanks for supplying these details.

  2. I always used to study piece of writing in news
    papers but now as I am a user of web so from now I am using net for
    content, thanks to web.

    • g
    • 2020年 6月 16日

    Nice answer back in return of this difficulty with firm arguments and describing the whole thing about that.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  1. 2019.03.31

    新元号の嘘
  2. 2016.08.8

    二つの選択