単体 C

エデンの楽園追放 単C

Report No.283

俗に無神論が悪と言われる理由は、神への信仰が欠如している者は、自我から出た思想や行動ばかりをとるからです。

多様な全ての善は、神の心に帰一しているのであって、相対的な自我に帰一しているのではありません。

自我から出た思想や行動を取りますと、悪になりやすく、中には自己の良心に照らした思想や行動を取る者もおりますけれども所詮、自我は「地」ですから、神が定めた「地」の属性の偉力によって全体としては徐々に世界は下降していきます。

関連記事

  1. 神の秩序とは何か 単C

  2. 生死超越文明論 単C

  3. 宇宙即我の悟りとは何か 単C

  4. 「救世の法」の土台における「連関と統一」 単C

  5. 救世の4原理 123 単C

  6. 政治 単C

  7. 汝自身を知れ 単C

  8. 救世の4原理 121 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T