エリュシオン 23 単T

世界は、常に神への傲慢によって崩壊していきます。

古い宗教では、神の言うことを聞かなかったために神の怒りをかい、滅ぼされたと説く向きもあるようですが、それは神ではなく、諸神霊に関しては「然り、然り、否、否」としか言いようがない。

人格神の場合、人間のような悪や罪を犯すことはなく、また地上人間以上に宇宙のゴッドの心を良く知っておりますので、その人格神の言う通りにしなかったために滅ぼされたという意味で言えば「然り」であり、しかして人格神が人間相手に怒ったり、嫉妬したり、口角泡飛ばして感情をむき出しにすることもまたあり得ないことであり、人格神が大宇宙を創造したわけでもありませんので、その人格神の言うことを聞かなかったために滅ぼされたという意味では「否」と言えます。

関連記事

  1. 「希望」としての神の存在 単T

  2. キリスト教について少々 単T

  3. 原文 21 単T

  4. 霊界の可視化による地上天国 5 単T

  5. 原文 50 単T

  6. 存在の愛 3 単T

  7. 真世界秩序(リアル・ワールド・オーダー) Ⅰ 単T

  8. 自力信仰と他力信仰 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41