エリュシオン 25 単T

宇宙は神の心の表現である(manifestation) : 西田幾多郎

神の体(宇宙・客観)は、神の心(主観)の表現ですから、宇宙は永遠に神の心(主観)即神の体(客観)で主客合一の世界です。

主観と客観は切れず、心と世界を切ることはできない。

主観が客観を可能にし、宇宙においては常に神の心が世界を表現しているわけであるから、人間も心で世界を表現し、心で体を表現していかなければならない。

悟りの未熟なる者は、この主客を顛倒させるが、自己の肉体とて自己の主観からすれば客体に過ぎず、自分ではない。

関連記事

  1. アダムとイヴ 単T

  2. 善業と悪業 単T

  3. エリュシオン 31 単T

  4. 地球ユートピアとは、神人合一の文明 3 単T

  5. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14 単T

  6. GLAと幸福の科学 28 単T

  7. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 3ー 単T

  8. 原文 39 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41