単体 T

エリュシオン 36 単T

民主主義の本質は、誰でも言論の自由が欲しい、誰でも表現の自由は保証されたい、誰でも不当な権力で身体を拘束されたくない、誰でも信仰の自由は認められたい、というこの「誰でも」という人民共通の利益に基づいた国家契約がその本質です。

相対的な利益がその政治体制の本質に置かれているのです。

利益が「天」に置かれていると言ってもいい。

神がこの宇宙において永遠に「地」と定めている相対的な利益を「天」に置いているわけですから、この政治体制ではエリュシオンはできません。

今後も世界は腐り続けていくはずです。

関連記事

  1. 救世主とは何か 単T

  2. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -釈迦編 2ー 単T

  3. 「神」とは何か 4 単T

  4. 輪廻転生の結論 単T

  5. 家庭ユートピア 単T

  6. 総括 1 単T

  7. エリュシオン 11 単T

  8. エリュシオン 18 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T