単体 T

エリュシオン 52 単T

今回の「救世の法」の基礎となっている「悟りの段階論」や「多次元世界の全貌」、並びに「輪廻転生の法則」の意味が非常に表面的で観念的に捉われやすいもの、すなわち物質的に説かれており、その深い意味を理解している者が、現時点でほとんど存在しないというのは、ある意味致命的な問題です。

これだけで今回の救世運動は見事に失敗していると言ってもいいと思いますが、そういう運命と言いますか、神道の自業自得と言ってもいいでしょう。

この点、幸福の科学の法の説き方にもかなり問題があり、責任も重いと思いますが、むしろ神道の責任の方が重大でしょう。

関連記事

  1. 総括 9 単T

  2. 「希望」としての神の存在 単T

  3. 仏陀の法の修正 6 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 1ー 単T

  5. 総括 2 単T

  6. 信仰の科学 単T

  7. 原文 52 単T

  8. 明けましておめでとうございます 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T