単体 T

エリュシオン 8 単T

菩薩の悟りは、物質に比喩した善、利益に比喩した善、自我に比喩した善、快楽に比喩した善、矛盾に比喩した善、相対的なものに比喩した善、すなわち方便の善であり、有限の善です。

菩薩の悟りが、神の体(物質)に比喩した善であるのに対して如来の善は、神の心を直接捉えて説かれる善です。

だから菩薩の善は有限の善とも言えるし、如来の善は無限の善とも言えます。

関連記事

  1. 悟りと霊能力 Ⅲ 単T

  2. イエスの再臨 2 単T

  3. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 4ー 単T

  4. 心のインフラ整備 単T

  5. 総括 7 単T

  6. 仏国土顕現とは、天地一体の世界のことを言う 単T

  7. 総括 8 単T

  8. 禁断の知恵の木の実 1 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    自己遍在とは
  2. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  3. Truth

    総括 8
  4. 単体 T

    総括 8 単T

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24