シェイム・オン・ユー(恥を知れ)

前回の記事にあるサンフランシスコの慰安婦像ですが、中国人・フィリピン人・韓国人の少女が後ろ向きで手をつなぎ合っているその側で少女を見つめている老女がいました。

この老女は、1991年8月14日、初めて公の場で慰安婦の被害を証言した故・金学順(キム・ハクスン)さんをかたどった像でした。

1991年8月14日は、韓国では「慰安婦の日」として法制化されるようです。

「慰安婦の日」法制化へ 韓国国会委員会で可決 日経

韓国国会の女性家族委員会は27日、毎年8月14日を旧日本軍の従軍慰安婦問題の記念日とすることを盛りこんだ慰安婦被害者生活安定支援・記念事業法の改正案を可決した。

近く本会議で成立する予定。来年から韓国では8月14日が法定の「慰安婦被害者をたたえる日」になる見通しとなった。

毎年この日は「慰安婦の日」として称えられるようです。

慰安婦の生き残りの方は、「33人」ほどしかおらず、すでに故人となっている方も多く、慰安婦像で残すというのは良いアイディアだと思います。

大阪市市長は、サンフランシスコとの提携関係も解消するようですが、民間交流事業への補助金支出まで打ち切るようです。

米SF慰安婦像 民間交流補助金も打ち切りへ 大阪市長 毎日

大阪市の吉村洋文市長は24日午前、米サンフランシスコ市が旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像設置を受け入れたことを受けて姉妹都市関係を解消することに伴い、民間交流事業への補助金支出を打ち切る方針を明らかにした。

関係解消を決断した理由については、エドウィン・リー市長に要請していた直接会談が拒否されたためと説明した。

これですね。

慰安婦像問題で面会拒否 米側「交渉の余地ない」 中日新聞

(慰安婦問題に関し)サンフランシスコ市長側から「交渉、議論の余地はない」として、要請していた面会を断られたことを明らかにした。

23日に面会を拒否するメールが届いたという。

吉村氏は大阪市内で記者団に「リー市長とサンフランシスコ市議会は(受け入れに)積極的だった」と重ねて非難。

従軍慰安婦問題は深刻な女性への人権侵害であり、当然交渉も議論の余地もないわけですが、かたくなに日本側が、とにかくこの問題を屁理屈で認めない。

世界は、日本国内で行っている詭弁や最もらしい屁理屈の、慰安婦に強制性はなかっただのという洗脳に付き合う時間はない。

海外メディアでは、日本人は知らないのかもしれませんが、みな日本政府は慰安婦の方が全員死ぬのを待っているとか「慰安婦」という表現自体が、奇怪な婉曲表現であり、セックス奴隷と公然と報じられています。

一体、何が慰安なのでしょう。

皇軍兵士に女性が子守歌でも歌って、心を慰めていたとでも言うのでしょうか。

心ではなく、肉体を慰め、それを強要し、逃げられなかったわけですから、セックス奴隷と報じている。

ただ聞く方もそういった言い方を慰安婦の方の前で、気の毒ですから言えないために慰安婦という言い方をしている。

歴史戦とは、何なんでしょう?

歴史の事実に勝利も敗北もないはずであり、事実があるだけです。

日本はその「事実」の前に何度も敗北してきたはずです。

勝手に嘘を主張して、勝手に敗北しているだけですが。

アメリカのみならず、何年も前から国連でも喚いています。

慰安婦強制動員を否認、国連委員会で恥をかいた日本 中央日報

真理に関してもそうですが、国家ぐるみでいつも嘘を全世界に垂れ流している。

従軍慰安婦はあったよね、南京虐殺もあったよね、と至極当然のことを語るだけで、顔を赤らめ、頭のてっぺんから火を噴くように怒りまくり、上がらなきゃいいのに、一々偉そうに土俵に上がってきて、いつも世界からフルボッコされています。

例えば2007年にもありました。

2007年6月15日、ワシントン・ポストに従軍慰安婦の強制性を否定する全面広告を国会議員や言論人が掲載しました。

内容の訳はソースにありますが、全く酷いもので、よく恥も外聞もなく、このような広告をうてたなと少し笑ってしまいました。

神道のメンタリティなのでしょうが、まさに「お山の大将、俺一人」です。

後から来るもの、夜ばかり・・・

この2007年6月15日の全面広告をあざ笑うかのように、それからわずか10日後、6月26日に対日批難決議「アメリカ合衆国下院121号決議」が、満場一致で採択されています。

アメリカ合衆国下院121号決議 ウィキペディア

全面広告は、歯牙にもかけられませんでした。

従軍慰安婦を証明する公文書や証言は、いくらでもあるわけですが、それでも認めないサイコ回路です。

まるでカルトです。

公文書が明らかにする日本軍「慰安所」制度の違法性 PDF

そう言えば橋下元市長の風俗利用発言も世界からフルボッコされ、翌年選挙で惨敗していましたね。

今回のサンフランシスコの慰安婦像の寄贈も、全会一致で可決されています。

この「全会一致」という点が笑えますが。

一人も反対者がいなかったということであり、よほど反発されていなければ、こういったことは起こらない。

どのように詭弁を弄し、屁理屈を垂れても、本音はこれだという点をみな見抜いている。

谷山という日本の映画監督の作品のクリップですが、字幕つきです。

Clip from “comfort women” denier fauxmentary, Scottsboro Girls produced by Yujiro Taniyama.

従軍慰安婦の方に拳銃を向け、「嘘つきババァ」とののしり、頭に撃っています。

何とも酷いクリップです。

何故、全会一致だったのか少し不思議だったのですが、前振りがあったようです。

2年前の2015年9月17日に日本側が、サンフランシスコの公聴会でやらかしていたようです。


目良浩一(めらこういち)氏が、従軍慰安婦を全面否定です。

20万人の従軍慰安婦は嘘であり、強制性はなく、性奴隷でもなく、単なる売春婦と言っています。

公聴会において元慰安婦として出席していた李容洙(イ・ヨンス)さんを名ざしで、彼女はみずから希望して売春婦となったのであり、高い収入を稼いでいたくせに、嘘を証言している、とネトウヨそのまんまです。

議場は、このあまりの酷い暴言に、次第に反発の重い空気が広がっていきます。

そしてついにデビッド・カンポス議員が切れています。

表示されない時は、何度か「再読み込み」して下さい。

3時間28分20秒辺りからです。

カンポス議員は、歴史修正主義者に「SHAME ON YOU(恥を知れ)」と4回も言っています。

この言葉は、よほど軽蔑していないと出てくる言葉ではありません。


恥を知れ、過去に起こった事実を拒否している、恥を知れ、慰安婦のおばあちゃんに対して人格攻撃をしていることを恥じるがいい。

カンポス議員のこの時の批難は、このサイトにあります。

「過去を認めないとは恥を知れ!」 日本人を罵倒したサンフランシスコ市議の仰天発言  The New Standard

あまり引用したいサイトではありませんが、この時の訳があります。

この場に、過去に起きたことを認めないと言いに来た人々に、深い愛と尊敬を込めて私は言おう。

「恥を知れ! 恥を知れ! 過去の出来事を認めない恥知らずめ!」

「地球の裏側から、勇気をもって真実を話すために、この場に飛んで来られたリーおばあちゃんを個人攻撃する恥知らずめ!」(場内拍手)

反対派の人々の背後に、日本政府がついていないことを願う。

もし、ついているとしたら、被害者をさらに侮辱するという二重攻撃だ。

二重攻撃、いわゆるセカンド・レイプですね。

神道はいつものことです。

大体、加害者が被害者を名指しでののしるという、奇怪なローカル・ルールの住人ですから、何をするか分かりません。

あるいは加害者のくせに、いつも被害者ぶるという奇妙な世界の住人でもあります。

少し心に病を抱えておられる方々のようで。

これが今回の全会一致の背景にあったわけです。

この歴史戦とやらでも神道は敗北していますけどね。

不治の病ですから、これは治りません。

関連記事

  1. 尖閣諸島問題で中国がリード

  2. ポツダム宣言

  3. リーベンクイズ

  4. 歴史の修正 再び

  5. 反省のない安倍首相糾弾決議案、満場一致で採択=韓国

  6. リーベンクイズ 2

  7. ペルソナ・ノン・グラータ

  8. 終戦記念日

コメント

  1. Thank you for the auspicious writeup. It in reality was a amusement account it. Look advanced to far brought agreeable from you! However, how could we keep up a correspondence?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    半減する日本の人口
  2. 国際

    ブラジル大統領 新型コロナに感染
  3. Special

    Failed Christ’s Se…
  4. Truth

    原文 24
  5. 国際

    南米を襲うバッタ
  6. 国際

    米6月の雇用統計
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.07.15

    創造経済 7
  2. 2020.07.12

    神の神殿