スーパー台風22号・マンクット上陸

足が短いために、慰安婦像を蹴り飛ばそうとしても、足が慰安婦像に届かなかった藤井実彦(みつひこ)氏ですが、「キックの藤井」だの 「キックの鬼」だのユニークなニックネームで呼ばれているようです。

慰安婦像を蹴り飛ばせなかった、というのが暗示的であり、従軍慰安婦問題をなかったことにして、蹴り飛ばすことはできないということでしょう。

慰安婦像を蹴ることができなかった、触れることもできなかったということです。

歴史を修正せんとするのは、明らかに犯罪です。

藤井氏が声明を出していますが、すぐに削除しています。

なぜ、削除したのかは知りませんが、時すでに遅しです。

拡散してしまいました。

重要な言い訳弁明は、この箇所です。

慰安婦像を蹴っていたのではなく、なんと、ストレッチ運動をしていたのだそうです、慰安婦像の前で。

藤井氏のストレッチ運動です。

あろうことか、言うにことかいて「ストレッチ」をしていたとは。

・・・うけたわ。

うかつにも笑ったわ。

そんな堂々とした露骨な嘘、しかも真面目な顔して。

幸福の科学は、早速トカゲの尻尾切りです。

「慰安婦の真実国民運動」と幸福の科学は一切無関係です HS

とても真理の団体とは思えませんが、もう慣れた。

そういう団体なんだって。

藤井氏は、台湾から実名で渡航制限を受けるようです。

日人踹慰安婦銅像 移民署將依法行政

その「慰安婦の真実国民運動」も正式に声明を出しています。

台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について

藤井氏本人からも事情について聞き取りを行いました。

藤井氏の主張は、

「蹴っていないし、蹴る意図もない。自らの尊厳と名誉のために画像や動画の検証を個人的に行いたい」

とのことでした。

当会としては、今ネットに流れている動画・画像を見る限り、藤井氏が慰安婦像を蹴るような素振りをしたことは明らかであり、当人にどんな事情があったとしても、客観的に見て不快感を与える不用意・不適切な行動であったことは間違いないとの結論に至りました

今回のことにより不快な思いをされた台湾の皆様に、心よりお詫び申し上げます。

名誉だの他者からの尊敬だの、利益を基準に反省しているから意味ない。

ひと笑いした後は、インドネシアのメラピ山です。

不穏な動きのあるメラピ山ですが、未だ溶岩ドームの膨張は継続しています。

9月12日、一昨日はこうでした。

溶岩の体積は「10万1000立方メートル」であり、1日辺りの成長率は「4300立方メートル」です。

それが9月13日には、こうなっています。

溶岩ドームの体積は「10万3000立方メートル」であり、成長率は「1500立方メートル」です。

どこまで溶岩ドームの成長が続くのかは分かりませんが、噴火の兆候ではあるのでしょう。

いずれ水の災難が一服すれば、また火山噴火がうるさくなるかもしれません。

9月14日の深夜、ついにハリケーン・フローレンスがノースカロライナに上陸しました。

カテゴリーは「」から「」に勢力を落としての上陸です。

ソース

ハリケーン・フローレンスは、上陸を始めたばかりですが、既に大きな被害を出しています。

来週の初めまでは、ノースカロライナを中心とした東部沿岸は「受難」となります。

ガソリン・スタンドでしょうが、屋根が吹き飛ばされています。

ハリケーン・フローレンスは、内陸に洪水とストーム・サージ、いわゆる高潮をもたらす恐れがあり、特に高潮は警戒されています。

沿岸部では、上記の動画にもありますが、多いところでは「9フィート(2.8m)~13フィート(4m)」の高潮がくると予測されています。

この高潮の恐ろしさを理解している人は少ないようです。

それを解説している動画がこれです。

見れば分かります。

高潮が「6フィート(1.8m)」を超えれば、致命的な事態を招くことが分かります。

当局の予想では、この倍の「4m(13フィート)」の高潮がくると言っています。

現時点で激甚災害地帯、ディザスター・ゾーンにいる人は「1000万人」となっており、既にノースカロライナでは「18万5000戸」が停電しています。

特に酷い事態に陥っているのは、ノースカロライナのニュー・バーンであり、150人が逃げられず、救助を待っています。

始まったばかりのフローレンス上陸で、既にこうです。

ここはトレント川とヌース川が合流している地点であり、洪水が懸念されています。

台風の目の周りは、最も風力が強く、これを「アイ・ウォール」と言いますが、この「アイ・ウォール」に強襲されているノースカロライナのウィルミントンも既にこうです。

ハリケーン・フローレンスの災害は、これからであり、息をのんで見ています。

ハリケーン・フローレンスも9月14日の午前深夜でしたが、1日遅れでこれもまた深夜ですが、9月15日日本時間の午前2時から4時にスーパー台風・マンクットがフィリピンに上陸します。

82万4000人」がルソン島北部から避難し、 「3670万人」に影響を与える。

政府としては「3700万ドル」を用意している。

このツイートでは「4300万人」となっている。

PAGASA(フィリピン大気地球物理天文局)では、現時点で主に「シグナル3」が出ており、カガヤン州と一部ルソン島のイザベラ州北部では、「シグナル4」が出ています。

SEVERE WEATHER BULLETIN PAGASA

下の方にありますが「TCWS(トロピカル・サイクロン・ウォーニング・シグナル)」がフィリピン当局が出しているシグナルです。

#3」のシグナル3ですが、現時点では一部「シグナル4」が出ています。

ソース

Typhoon Ompong: Signal No. 4 in Cagayan, northern Isabela Rappler

一つ前の記事ではこうでした。

イザベラ州は「シグナル3」だったのです。

CNNは「シグナル5」が既に出ていると報道していましたが、誤報だったようです。

PAGASAは、まだマンクットを超大型台風に分類していません。

現時点ではこうです。

カガヤン州とイザベラ州の北部が「シグナル4」となっています。

このシグナル4も滅多に出るシグナルではありませんが、今回は一部ですが、出ています。

直径900㎞のマンクットですが、今後発達して「シグナル5」が見られるかもしれません。

風の強さは「205kph(127.4mph/カテゴリー3)~255kph(159mph/カテゴリー5)」です。

キロメートル/時 から マイル/時へ換算

あくまで現時点ですが、スーパー台風・マンクットは、ハリケーン・フローレンスよりも巨大な台風なのです。

これが9月15日の日本時間午前2時~4時にかけて上陸します。

まさに神に祈るしかありません。

関連記事

  1. ディアブロ・ウィンド(悪魔の風)

  2. トリニティ

  3. 気候変動は、文明と人間の変動を要求する

  4. インドネシアの大地震

  5. ハイエンに迫るマンクット

  6. インドネシア・ソプタン山 再び

  7. 5段階の洪水警戒レベル 運用開始

  8. 水の黙示録 4

コメント

  1. Hey there! I know this is kinda off topic however , I’d figured I’d ask.
    Would you be interested in trading links or maybe guest authoring a blog post or vice-versa?

    My site covers a lot of the same subjects as yours and I believe we could greatly benefit from
    each other. If you are interested feel free to shoot me an e-mail.
    I look forward to hearing from you! Wonderful blog by the way!

  2. Do you have a spam problem on this website; I also am a blogger, and I was wanting to know your situation; we have created some nice procedures and we are looking to exchange methods with other folks,
    be sure to shoot me an email if interested.

  3. Outstanding post however I was wondering if you
    could write a litte more on this subject? I’d be very thankful if you could elaborate a little bit more.
    Many thanks!

  4. Attractive part of content. I just stumbled upon your website
    and in accession capital to assert that I acquire
    actually enjoyed account your blog posts. Any way I’ll
    be subscribing to your feeds and even I success you get entry to
    constantly fast.

  5. Truly when someone doesn’t understand then its up to
    other viewers that they will help, so here it takes place.

  6. Hi, I wish for to subscribe for this web site to take hottest updates, therefore where can i do it
    please help.

  7. What’s up, of course this piece of writing is genuinely fastidious and I have learned lot of
    things from it about blogging. thanks.

  8. You have made some good points there. I looked on the internet for more
    info about the issue and found most people will go along with your views on this web site.

  9. Hi! I could have sworn I’ve been to your blog before
    but after browsing through many of the articles I realized it’s new to
    me. Regardless, I’m definitely delighted I stumbled upon it and I’ll be
    book-marking it and checking back frequently!

  10. I blog frequently and I really appreciate your content.
    This article has really peaked my interest. I am going to
    book mark your site and keep checking for new details about once a week.
    I opted in for your RSS feed too.

  11. If you are going for best contents like me, simply pay a quick visit this web site everyday since it provides feature contents, thanks

  12. Very quickly this site will be famous amid all blogging and site-building
    visitors, due to it’s pleasant articles or reviews

  13. Attractive portion of content. I simply stumbled upon your weblog and in accession capital to say that I acquire actually enjoyed account your blog posts. Any way I will be subscribing to your feeds or even I fulfillment you access persistently quickly.

  14. There is definately a lot to find out about this subject. I love all of the points you have made.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 6
  2. 神秘

    超ウィルスの予言
  3. Truth

    無限の悟り
  4. 経済

    対テロ戦争
  5. 経済

    じわじわと広がる新型コロナ
  6. 真理関係

    神への不信仰がもたらす文明の傲慢
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.05.28

    創造経済 5
  1. 2019.07.21

    弁護士保険