ファティマの予言とマラキの予言 1

実際、天的にはキリスト教予言なるものは、すべて外れているわけですが、微妙で曖昧なものも含めて2つの予言が、未だ命脈を保っています。

少し苦しい解釈ですが、まだ信じている方もいるようです。

21世紀以後のことは、本当は誰も予言していないのですが、この世では一生懸命「予言の延命」をしている方もいます。

20世紀の予言者は、すべて20世紀末までのことを予言していたのですが、救世運動の失敗によって全ての予言が外れるという霊天上界としては、まことにみっともない現状を呈しております。

未だ命脈を保っている二つの予言とは、「ファティマ第三の予言」と「マラキの予言」です。

「ファティマ第三の予言」はバチカンが約束を破り、いつまで経っても公開しないためにハイ・ジャック事件まで起こりました。

ファティマ第三の秘密

「ポルトガルのファティマという小さな村に住む9歳の少女ルチアと、いとこで8歳のフランシスコと6歳のヤシンタの兄妹の前に、聖母マリアが出現」

「3回目の出現の際に、子どもたちに3つの予言を与えました」

「(一)この戦争は間もなく終わるが、人々が改心しないなら、もっと大きな災いが起きる。

(二)人々が、改心と、ロザリオの祈りと、聖母の汚れなきみ心に対する崇敬の3つを実行すればロシアは改心するが、そうでなければ、ロシアの謬説(びゅうせつ=誤った説、つまり共産主義のこと)は世界を覆う。」

第一の予言は第一次世界大戦の終焉と第二次世界大戦の勃発です。

第二の予言は共産主義の拡大です。

二つとも当たりました。

この二つが予言されましたが、第三の予言は未だ公開されているとは言えません。

第三の予言は1960年に公開し、それまでは公開してはいけないとマリアに告げられていたために多くが公開を待っておりました。

しかしてバチカンは1960年になっても公開せず、2005年になって、ようやく公開したのですが、その内容を信じている者はいません。

バチカンが公開した第三の予言とは、1981年に起きた教皇暗殺未遂事件だと言ったからです。

予言を受けたルチア自身も「それはほんの一部で、バチカンは嘘をついている」と司法省を提訴し、調停によって和解しています。

バチカンはウソをついていた事実を認めたわけです。

従ってファティマ第三の予言は、未だ「謎」ということになります。

上記のサイトから引用しますが、第三の予言とは以下の要点をもっているようです。

【ファティマ第三の秘密の要点】

(1)火の剣を左手に持った一人の天使が、右手で地を指しながら「悔い改め」と大声で3度叫んだ。

(2)その剣は、まるで世界を火で焼き尽くさんばかりに、火花を散らして光り輝いていた。

(3)ローマ法王を含むキリスト教の関係者たちの集団が、半ば廃墟と化した大きな町を通過した。

(4)彼らは、険しい山に登ったが、その山の頂上には、丸太で作られた大きな十字架が立っていた。

(5)その前にひれ伏したローマ法王は、一団の兵士たちが発射した何発もの銃弾と矢で殺された。

(6)司教や司祭、修道士、修道女、さまざまな地位や立場にある多くの信徒たちも次々に殺された

確かにこの予言はまだ成就していないようです。

憶測に過ぎませんが、第三の予言とは、第三次世界大戦の勃発であろうと言われています。

ところが、怪しい情報かもしれませんが、下記のサイトに第三の予言の要約が記載されています。

ファティマ第三の予言を、いつまでも秘密にしておくわけにはいかないというので、退位した元教皇ベネディクト16世が世界各国のカトリック指導者に要点を送付したそうです。

日本では函館のトラピスト女子修道会の院長がその書簡を受け取り、さっそく日本語に翻訳

そこには第三次世界大戦どころではない世界と人類の破局的事象が予言されていました。

「やがて、世界はサタンによって支配されるでしょう。

それは、人々がそれまで、神の御心を足蹴にするような行動を重ねてきた結果、自ら招いたことなのです。

サタンはまず、教会と学会を支配します。

そのため、1瞬のうちに、人類を滅ぼしてしまうような武器が開発されますが、教会はそれを止める力も意志も失っています。

この武器を使った戦いが世界のあちこちで火を噴くでしょう。

火と煙が地球上を覆い、海の水まで、沸々と煮え返ります。

この異常な現象によって、地上にあるもの、水中にあるもの、空にあるものまで破壊されてしまうでしょう。

人類は9分の7が死に絶えてしまうでしょう。

だが、死者はまだ幸いです。

生き残った者は、死ねなかったことを激しく悔み、死者をうらやむほどの苦痛と苦悩にさらされるのですから。

誰がのこされるのか。あるいは残される者はないのか。・・・・・今、私に見えるのは、地球上のいたる所で勝利の歌を歌うサタンと死神の姿です。」

9分の7と言えば78%です。

22%しか生き残れず、生き残った者も死者をうらやむ苦痛と苦悩に晒されるとあります。

怖いですね。

半ば廃墟と化した街を通過したローマ教皇は、一団の兵士が発射した銃弾と矢で殺される。

「矢」というのが、少しツボにはまりますけれども、象徴ですからいいでしょう。

司教や司祭、修道士、修道女、さまざまな地位や立場にある多くの信徒たちも次々に殺されていく。

このファティマ第三の予言とリンクしていると思われる予言が、「マラキの予言」です。

ベネディクト16世

このベネディクト16世が退位したその日、サンピエトロ寺院に天の雷(いかづち)が落ちました。

34秒の動画です。

ベネディクト16世が退位した時、「いよいよ最後の教皇か」と思った方は多いと思います。

「マラキの予言」では、112名の教皇が特徴をもって予言され、ベネディクト16世は「オリーブの栄光」と記載され、最後から二番目の教皇として認知されていたからです。

ベネディクトとは聖ベネディクト修道会を指し、この別名がオリーブの会と言われ、オリーブの枝をシンボルとしています。

この次の教皇は112番目、最後の教皇であり、その次の教皇は予言されていません。

112番目の教皇の存在を最後に、その次の教皇の存在は記載されていないために、バチカン最後の教皇と予言されています。

この最後の教皇がフランシスコ1世、現教皇です。

すなわち彼の代でバチカンは絶えるという予言です。

キリスト教の終焉と言ってもいいでしょう。

古く、しかもかなり不完全な教えで後、何百年もやるというのも何ですから、古き教えは早く引退した方が人類のためでしょう。

マラキの予言では下記のように最後の教皇が預言されています。

マラキの112番目の教皇予言

「ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう。

「ローマびとペトロ、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。

そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。

終わり。」

112番目の教皇は「ローマびとのペトロ」とあります。

フランシスコ1世は、アルゼンチン出身であり、本名をホルヘ・マリオ・ベルゴリオと言います。

フランシスコとは、有名なアッシジの聖フランシスコのことであり、アッシジのフランシスコの洗礼前の名前が、フランチェスコ・ディ・ピエトロ・ディ・ ベルナルドーレです。

ピエトロとはぺテロのイタリア語読みであり、現教皇はイタリア系移民です。

まさにローマびとのペトロです。

マラキは112人の教皇すべてを言い当てたことになります。

彼は極限の迫害の中で着座し、羊たちを司牧する。

そして7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。

7つの丘とはローマを意味しておりますので、バチカンは崩壊する。

キリスト教の崩壊予言ですね。

その後、恐るべき審判が人々に下される。

最後の審判です。

最後に「終わり」と結ばれています。

キリスト教が終わるのか、世界が終わるのか、あるいは悪の統治が終わるのか、いずれかでしょう。

すなわち耐久性と消費期限の切れた宗教・政治・経済・教育・学問・科学・思想や価値の全てが、一旦「終わる」ということです。

ファティマの予言と照らし合わせると、78%もの人類が滅び、生き残った者も塗炭の苦しみを味わう。

まさにマラキが言うように「恐るべき審判」でしょう。

従ってマラキの言う「ローマ」とは、全世界を象徴しているのかもしれません。

日本でも2分しか残らないと予言されておりますので、大した相違はないのかもしれません。

80%近い人間がいなくなるならば、それは既存の宗教や政治、経済や学問は現状維持できず、無くなっていくのでしょう。

崩壊後の新たな世界とは、「神約民主論」と決定しておりますので、今までの「利益と国益」と言った悪を目的とした民主主義や資本主義は、次の世界ではありません。

同じ世界を作るならば、崩壊の意味がありませんからね。

生命の本質、すなわち神の存在を最上位に置いた文明を創造していかなければなりません。

そのための「法の編纂」と言うことです。

関連記事

  1. 地球外知的生命体

  2. ホワイト・ハウスのシンクホール

  3. 二つの選択

  4. スチームボート・ガイザー 今夏記録更新か !?

  5. カルパチア号

  6. 大量逮捕?

  7. 予言

  8. 欧州原子核研究機構「CERN(セルン)」

コメント

  1. It is in reality a great and useful piece of information. I’m satisfied that you just shared this useful info with us. Please stay us informed like this. Thank you for sharing.

  2. Youre so cool! I dont suppose Ive read anything like this before. So nice to find any person with some unique thoughts on this subject. realy thanks for beginning this up. this web site is one thing that’s needed on the internet, somebody with just a little originality. useful job for bringing something new to the internet!

  3. I reckon something really special in this internet site.

  4. An outstanding share! I’ve just forwarded this onto a coworker
    who had been doing a little research on this.

    And he in fact ordered me breakfast because I found it for him…
    lol. So let me reword this…. Thanks for the
    meal!! But yeah, thanx for spending time to talk about this
    topic here on your website.

  5. I like the helpful info you provide on your articles.
    I’ll bookmark your weblog and test again right here frequently.
    I’m somewhat sure I will be told many new stuff right right here!

    Best of luck for the following!

  6. Way cool! Some very valid points! I appreciate you penning this post plus
    the rest of the website is also very good.

  7. Heya i’m for the first time here. I found this board and I find It truly useful & it helped me out a lot. I hope to give something back and aid others like you helped me.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.11

    全体の悟り
  2. 2020.08.5

    原文 25
  1. 2016.09.29

    カオス?
  2. 2015.06.5

    名前