プライマリー・バランス

小売売上高が出ました。

小売売上高 1月分

前年比「マイナス0.1%」であり、前月比「マイナス1.1%」でした。

鉱工業生産指数も出ました。

鉱工業生産指数 1月分(速報)

前月比「プラス3.7%」であり、前年比「マイナス3.8%」でした。

前月の「マイナス1.7%」からの脱却です。

消費者物価指数も出ています。

消費者物価指数 総務省

CPIは「0.0%」、コアCPIも「0.0%」、そしてコアコアCPIは「0.7%」でした。

物価は全体的に下がっています。

またデフレに戻りそうな圧力です。

日銀版コアコアCPIも出ています。

ソース

1月は「1.1%」であり、初めてではないでしょうか。

前月(12月)の「1.3%」から低下しました。

総務省も日銀の新型コアもどちらも低下傾向です。

2月26日に「日本の財政関係資料」が出ましたが、プライマリー・バランスがまた改善されていました。

良かったですね。

赤字も減って、基礎的財政収支(プライマリー・バランス)も改善傾向で。

この傾向ですと2025年前後頃には、PB(プライマリー・バランス)は、黒字転換しているかもしれません。

財政赤字は、確かに酷いですが、対GDP比で「231.1%」とあります。

ソース

しかしてPBを黒字転換できれば、何とかなるのではないでしょうか。

政策的経費は「73兆1097億円」とあり、予算は総額「96兆7218億円」です。

税収は「57兆6040億円」、税外収入は「4兆6858億円」の計「62兆2898億円」です。

政策的経費との差額は「マイナス10兆8199億円」です。

これがプライマリー・バランスです。

去年のプライマリー・バランスは、確か「14兆円弱の赤字」でしたから、「10.8兆円の赤字」というのは、プライマリー・バランスが改善傾向にあると言っていいのではないか。

事実、リーマン・ショック以後、PBは一貫して改善傾向にある。

ソース

2007年には対GDP比で「マイナス1.1%」まで改善し、プライマリー・バランスの黒字化まで、あともう一息というところで翌年の2008年「リーマン・ショック」によって対GDP比「マイナス7.6%」まで赤字が落ち込んでいます。

しかしそれ以後は2013年に少し落ちたぐらいで、一貫してプライマリー・バランスは改善されています。

現時点では対GDP比「マイナス2.9%」まで回復している。

プライマリー・バランスの改善には景気の回復が必須であり、景気の良し悪しの動向に敏感に左右されます。

景気が悪くなりますと、一気にプライマリー・バランスは悪化していく。

グラフでは2つのケースを試算しています。

一つは「経済再生ケース」であり、二つには「ベースラインケース」です。

「経済再生ケース」では中・長期的に名目GDPが「3%」成長し、実質GDPも「2%」成長していく前提から試算されています。

「ベースラインケース」では、名目で「1%半ば」、実質で「1%弱」の成長を前提に試算しています。

赤が「経済再生ケース」のラインであり、青が「ベースラインケース」です。

「経済再生ケース」では2020年、プライマリー・バランスは対GDP比「マイナス1.1%」まで改善し、金額では「6.5兆円の赤字」となる。

PBは「6.5兆円の赤字」ですね。

「ベースラインケース」では2020年、PBは対GDP比「マイナス2.3%」であり、金額では「12.4兆円の赤字」です。

どちらのケースでも、2020年までのプライマリー・バランスの黒字化は、できないみたいですね。

ただPBは改善傾向にありますから、2020年に中間値の「マイナス1.7%」を前提で考えれば、2020年代後半には、PBも黒字化するかもしれません。

それまで何もなければという前提ですけれども、厳しいですかね。

政府は政策的経費のうち社会保障費と国債費は、ある意味仕方なく、増加していますが、それ以外の項目は全体的に削減しています。

よく財政出動の意見を耳にしますが、恐らく政府はプライマリー・バランスの黒字化に重点を置いているのではないか。

政府は2010年のプライマリー・バランスの赤字額を、2015年までに半減するという目標を掲げていました。

達成したのではないか。

2010年度対GDP比「マイナス6.6%」あったプライマリー・バランスの赤字を、2015年には「マイナス3.3%」まで半減させています。

金額ならば「マイナス15兆9500億円以下」ならば、達成したことになる。

2020年までというのは難しいでしょうが、少し時間をかければ黒字化も可能でしょう。

あくまで「金融ハルマゲドン」が起こらなければの話ですが、2008年の例もありますから起これば、どうにもならんでしょう。

2007年、日本はプライマリー・バランスの赤字を「9兆円」まで減らしていましたが、リーマン・ショックによって2009年、一気に「38兆1000億円の赤字」という過去、最悪の数字に落ち込んでいます。

国・地方のプライマリーバランス等の推移 内閣府

テールリスクは誰にも事前に予測できず、しかしてないとも言えませんから、こういった「ブラックスワン・イベント」が発生しますと人間知を、あざ笑うかのような世界となります。

しかしこれがある意味、神がおられるという存在証明になっているのかもしれません。

関連記事

  1. 転がる死体

  2. 罠にかかった日銀と政府

  3. タカタ株 値幅制限の撤廃

  4. 東芝 7100億円の赤字

  5. VaRショック(バーショック)

  6. じわじわと広がる新型コロナ

  7. G7首脳会議の延期

  8. BEI 0.3%台に低下

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  2. Special

    Six amendments of Christ…
  3. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  4. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  5. 国際

    カルパチア号
  6. 国際

    財政の崖 オーストラリア
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2015.08.10

    見性の極致