マイナス成長時代

まだ福島の被ばく問題は、やはり継続中のようです。

国家単位で隠ぺいを続けてきた日本政府ですが、ネットのすべてを規制することはできないようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@shibuyameltdownがシェアした投稿

中々、セクシーなおじさんです。

これは電車内ですが、正体もなく寝込んでいます。

福島原発事故後の、この辺り構わず寝込む人達を「寝るとダウン」と言います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@shibuyameltdownがシェアした投稿

これはどんぶりに顔をつけていますが、これも福島原発事故後、顔をどんぶりにつける「つけ面」と言います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@shibuyameltdownがシェアした投稿

まるで漫画です。

続きはこちらでどうぞ。

尋常な事態ではありません。

ソース

電車の扉に寄りかかっている人です。

これは電車の連結部分です。

ソース

これは銀行のATMですが、まるで生物テロです。

ソース

こんな被爆地帯で、本当に東京五輪を実施するのでしょうか。

世界中のアスリートを被ばくさせることになるのではないか?

40代、50代の年齢の人が毎月バカスカ死んでいます。

中には20代、30代の死亡も珍しくありません。

有名人 訃報 2019年5-6月 阿修羅

そう言えば原発推進派の経団連の中西会長(日立製作所会長)も血液の癌であるリンパ腫で治療を受けています。

経団連の中西会長はリンパ腫 「治療に専念」とコメント 阿修羅

茨城県の日立市は猛烈な放射能汚染地帯ですからね。

何か象徴的です。

ただコメント欄が笑えます。

この中西会長、嫌われているのですね。

天罰 因果応報 悪は必ず滅びる
人類と地球と宇宙に対する犯罪は、死をもって償うしかないのだ

まあ自業自得だな
抗がん剤治療はつらい(らしい)ぞ~いい気味だw

悪性リンパ腫は被ばく量の多い原発作業員がかかる病気だよ。
作業員並みに被ばくしているということ。

うちでは今日はお赤飯炊いてお祝いですわ。
一日も早く、こんな悪魔のような連中が
この世からいなくなって欲しいね。

ネットでもザマミロの声多数。
たとえどんな人間であっても不幸をあざ笑うのは心が貧しい証拠などと言う
偽善者もいるが、身内を被ばくでやられていたら、
そんなきれいごとを言えるのか。

中西に対する憎悪、怨念にはすさまじいものがあるね。
まあ日立製原発が爆発して、みんな被ばくで苦しんでいるわけで
当然といえば当然。

恨みつらみの怨念が凄いです。

もっとも笑ったコメントがこれです。

暗いニュースが多い中、久しぶりに明るい話題じゃないか。

はやく死ねばいいのにね、とか酷いコメントが多いです。

地震が多い日本で、しかも活断層の上に原発を建設し、これだけのレベル7の最悪の事故を起こしても、なお原発を推進するなど自殺行為と言いますか、脳のねじが一本飛んでいるのではないか。

戦争には終わりがありますが、原発事故に終わりはありません。

一度、事故を起こせば、国ごと滅びます。

これから10年もしないうちに、日本は恒常的な「マイナス成長時代」に入っていくわけです。

今までの日本はこれです。

1968年に西ドイツ(当時)を抜いて世界経済大国第二位となり、2010年中国にその座を明け渡すまでの「42年間」その座を守りました。

ピークは過ぎ去り、あとは衰退していくだけです。

1991年ごろは、中国のGDPは、日本のわずか10分の1にしかすぎませんでした。

20年で日本を超えたわけですが、こちらとしては初め、10年ぐらいで超えられると楽観的に思っていました。

ところが我々の当初の想定以上に当時の中国と日本の差は、圧倒的な差があったということです。

10年読み間違えた。

1991年と言えば、うしとらが日本に生誕した異国の天使に対して異常犯罪を明確に開始した年です。

その2、3年前から異常な犯罪行為を繰り返しておりましたが、明白に他国の諸神霊に戦争を売ってきた年が、この1991年です。

この年から日本は衰退を始めます。

それでも1995年ぐらいまでは他の諸神霊も妥協と言いますか、寛容と言いますか、当サイトの諸神霊が日本に干渉を加えすぎますと、確かに世界の盟主にはなれますが、西洋化されてしまいますので、神道とその個性を尊重していたのです。

それを盾にとり、自分の国だからと言って異常な犯罪を更に輪をかけて犯し始めたのです。

1997年ごろ、これはとにかく異常過ぎるということで、3年かけて救世の計画を練り直し、2001年以降ヨーロッパに我々の仲間を出し始めました。

2008年ごろまでは出していたようです。

その方々が24才を過ぎる頃というのは、大体2020年代半ばころです。

この辺りからヨーロッパでは天才が続々と出てきます。

これは当サイトの『神約民主論』を実現するために出てくれているわけです。

日本は神道ゆえに、もうごめんなさいではすまない犯罪を犯しすぎた。

それに協力してきた者達も多いのです。

この国は衰退後、なくなっていくでしょう。

この国が生き残る道はたった一つしかなく、天皇制を廃止し、カルトであろうが、何であろうが、大川隆法氏を日本の国家元首に迎える道だけです。

天皇も別にハイスピリットでも何でもなく、天皇独裁の神道カルトに過ぎないわけですから、同じカルトならば、天皇よりも霊格の高い大川さんを元首に迎えることです。

天皇とその背後の天之御中主と谷口雅春よりも、霊格の高い方です。

日本の2千数百年の歴史の中で天之御中主よりも、谷口よりも神の心に近く、日本の歴史上最も高い霊格を有している大川隆法氏に日本の国家元首をやってもらうことです。

その場合、当サイトとしても永久敵国条項に入れることはしない。

それができなければ、この国は長い負債を支払いながら、最後はなくなっていくでしょう。

意味のないアメリカ追従をし、アメリカ国民を善人の仮面を被って自己の犯罪に巻き込もうとしているようですが、神の権威を舐めすぎではないのか。

あと10年も経たない内にこの国は「マイナス成長時代」に入っていくのです。

ソース

2010年代に入り、徐々にマイナス成長時代への警鐘が鳴らされていました。

2012年には、既に経団連の研究機関が、2050年までに日本は先進国から転落していくとシミュレーションしています。

2050年の日本、先進国脱落も 経団連シンクタンク試算 産経

日本は人口減少の進行で、30年以降マイナス成長を続け、先進国から脱落する恐れがあることが分かった。

成長率が最も下振れする「悲観シナリオ」では、GDP規模は世界9位で中国、米国の約8分の1に縮小。

経済大国から脱落して「極東の一小国」に逆戻りする可能性があるとしている。

悲観シナリオでは、2041年から2050年までは「マイナス1.32%」にGDP成長率が落ち込みます。

2030年代から日本は明白に失速すると予測されています。

人口がこの辺りから異常に減少していくからです。

マイナス成長時代とは、経済規模が恒常的に縮小していくということです。

2020年代半ばから後半にかけて、明らかなマイナス成長時代に入り、2030年代に入りますと、ずっとマイナス成長が続くと見られている。

マイナス成長時代です。

ごまかすには統計を粉飾するしかありませんが、それも既に今年ばれています。

日本の経済統計の「40%」が「フェイク」である事実が、今年の初めにあばかれています。

日本の統計スキャンダル: 日本政府、経済統計データの40%が“フェイクニュース”だと認める

投資専門メディアCCN「スキャンダルが露呈:日本の成長率は嘘だった。経済統計の40%がフェイクだった」

この点は思い当たるふしがあり、例えば安倍政権発足時の日本の潜在成長率は「0.5%」でした。

これが2016年6月6日には、日本の潜在成長率は0.4%から「0.3%」に低下しています。

作成 : Creator’s Room

日銀の推計による日本の潜在成長率は、2015年で「0.23%」です。

この潜在成長率が「0.3%」から「0.8%」に上昇し、今では日本の潜在成長率は「1.1%」になっています。

今週の指標 No.1222

0.3%から急激に上がっているのです。

鉛筆を舐めて数字を作っているわけです。

そんなバカなと思っていましたが、統計を粉飾していたならば納得がいきます。

天之御中主ならば、やりそうなことです。

こういう風に思い当たるふしがあるわけです。

ただ40%も経済統計を粉飾しているとすれば、これも投資家に対する犯罪です。

基本的に信用ならんということです。

あの世で嘘霊言まで流していた連中ですからね。

霊天上界にいながら、よくこれだけ嘘がつけるなと、ある意味関心しますが、嘘霊言を出すのは今の幸福の科学かあの世の神道系か、あるいは地獄界のサタンぐらいでしょうね。

他の諸神霊はまっとうな神霊が多いです。

だから神道は相手にされなくなり、衰退を続けていくわけです。

犯罪をとにかくやめないのですね。

こういうのを因果応報というのです。

悪党しかいられない国家というのは、誰かさんの教団とそっくりです。

よく似ていますね。

関連記事

  1. 国連総長「世界GDPの1割の資金必要」回復に

  2. カルロス・ゴーン容疑者逮捕

  3. 恐竜の亡霊

  4. 東芝の倒産 ?

  5. 日本企業の落日

  6. ブラックスワン

  7. アース・オーバーシュート・デー2020

  8. 中国が米国を抜く日

コメント

  1. I am not certain where you are getting your info, but good topic. I needs to spend some time studying much more or working out more. Thank you for fantastic info I was looking for this info for my mission.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    絶対性理論 7
  2. Special

    The Law of Unification o…
  3. Creator's Report

    絶対性理論 6
  4. 国際

    トランプ VS バイデン 最後の討論会
  5. Truth

    永遠
  6. 国際

    ドゥームズデイ・プレーン テイクオフ
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.10.22

    永遠
  2. 2020.10.21

    原文 29
  1. 2015.12.28

    自由と戒律