単体 C

万物は流転する(パンタ・レイ) 単C

Report No.216

かつてカルト宗教の真理上からの定義をしたと思いますが、カルト宗教とは、神への信仰がないのに信仰を語る宗教です。

この定義は世界の全ての宗教に当てはまり、今後の宗教にも全て当てはまります。

カルト宗教は、正しく信ずる「正信」に入っておらず、この「正しさ」を誤魔化すのです。

「正しさ」を誤魔化した結果、高い真理に到達できず、到達できないがゆえに高度な教義も説けず、その教義が矛盾してくるのです。

その結果、単なるおかしな教義を信じ込んでいるだけの盲信や狂信となり、心を狂わせることになります。

正しく信仰していなければ、決して高い真理には到達できません。

関連記事

  1. 永遠の宇宙即我 単C

  2. 回想 12 単C

  3. 救世の4原理 106 単C

  4. 「救世の法」の完成と成就 単C

  5. 回想 32 単C

  6. 救世の4原理 114 単C

  7. 釈尊の真意 Ⅱ 単C

  8. 永遠の実在論 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理