単体 C

三界即三世の悟りとしての人生の意義 単C

Report No.154

神我が「天」であり、自我が「地」で、永遠に天地一体です。

カルト宗教の教祖は、この「地」である自我を必ず「天」に置いて生き神信仰に耽っています。

要は自分を神だとすり替えているため、自己の都合が全て神の心になるのです。

通常、真面目に真理を探究してきた者からすれば、驚くべき傲慢ですが、いつからある一部の神霊のご都合主義が、宇宙の不変の真理にすり替わったのか。

霊天上界最高霊域の一部でそういった甘えた神霊がいるようです。

関連記事

  1. 救世の4原理 129 単C

  2. 救世の4原理 52 単C

  3. 救世の4原理 105 単C

  4. 救世の4原理 10 単C

  5. 六大神通力 単C

  6. 霊格の決定要因 2 単C

  7. 多次元世界 1 単C

  8. 神の秩序の顕現が地上天国の顕現 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    自己遍在とは
  2. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  3. Truth

    総括 8
  4. 単体 T

    総括 8 単T

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24