単体 C

世界の諸問題の原因と解答 Ⅰ 単C

Report No.264

善は成熟から生まれ、悪は未熟から生まれます。

悪の正体とは、人類各人の「未熟」であり、未熟とは全てそうですが、永遠のタイムの過程で悪と同様、全て「なくなっていくもの」です。

だから悪とは悟りを通した人間の成熟によって全て「なくなっていくもの」になっています。

人間の未熟と成熟を永遠に決めているのは眼前の大宇宙、すなわち神ご自身です。

関連記事

  1. 救世の4原理 50 単C

  2. 信仰による天地創造 単C

  3. 救世の4原理 8 単C

  4. 無我 単C

  5. 神の繁栄 ー 無我の現象利益 ー 単C

  6. 救世の4原理 119 単C

  7. 回想 15 単C

  8. 救世の4原理 87 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T