単体 T

主客合一の絶体法則 その3つの意味 単T

神への信仰が失われた世界では、神なき文明が作られます。

現代の文明が典型です。

現代の文明を見れば歴然としておりますが、人間は本当に信じているものを核心に置きます。

自己が本当に信じているものを目的とし、文明の中心に置くのです。

資本主義で富を「天」に置いているのは、どんなにきれいごとを述べようとも、また現代の人類が神の御名をいくら語ろうとも、本当は心の底では富を信じていることをあらわしています。

覆われているものであらわれてこないものはありません。

関連記事

  1. 生き神信仰 単T

  2. 天のソドムと地のゴモラ 3 単T

  3. 仏国土顕現とは、天地一体の世界のことを言う 単T

  4. 創造経済 3 単T

  5. 原文 14 単T

  6. 「預言者」と「予言者」 1 単T

  7. 全体の悟り 14 単T

  8. 宇宙即我の悟りに地獄なし 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T