単体 C

主客合一の重要な意味 単C

Report No.379

神の心とは、人間の心のど真ん中に存在する心の根源的本質です。

人間の「心」の本質を神の心と言います。

過去・現在・未来の全人類は、みな等しく同一の神の心と直結しているのです。

だから人間を神の子というわけですが、この主観に存在する神の心が自己を客体化した世界が眼前の大宇宙です。

主観的に言えば、神の心は一人一人の心の中心に存在すると言ってもいいし、客観的に言えば、神とは大宇宙と言ってもいい。

そして主観と客観は神の心において合一しており、この世界は主客合一の世界です。

主観と客観は切られておらず、一つです。

関連記事

  1. 救世の4原理 24 単C

  2. 救世の4原理 69 単C

  3. 回想 6 単C

  4. 光の輪廻転生 単C

  5. 自己遍在とは 単C

  6. 救世の4原理 132 単C

  7. 霊格の決定要因 2 単C

  8. 歴史の意味 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾