二つの選択

事前の通告通り本日、今上天皇の意見表明が行われました。

生前退位に関しては言葉を濁しており、明確には触れませんでしたが、その内容は生前退位への意向が強くにじみ出た内容となっています。

天皇陛下「お気持ち」表明 「生前退位」を強く示唆 日経

現在82歳の陛下は「次第に進む身体の衰えを考慮する時、全身全霊で象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じている」と表明。

「生前退位」には直接言及されないものの、その意向を強くにじませた。

自民党が主張していた高齢化による公務や国事行為に関する負担軽減は、

無理があろうと思われます

と否定的な見解を述べ、

天皇が重篤な状態に陥れば「社会が停滞し、国民の暮らしにも影響が及ぶ」と指摘。

天皇として逝去した場合は葬儀などの行事の負担が大きく、こうした事態を避けたいとの思いを語られた。

天皇の崩御の場合、本葬までに連日の行事が2か月も続き、その後も葬儀に関する行事が1年間にも渡って続くために社会の停滞と国民の暮らしに影響が及ぶ。

寿命まで在位する今の制度は、必然的に国家と国民に負担を課す制度となっており、そういった死ぬまで在位する制度から生じるこういった事態は避けたい。

そのために、

「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことを念じる」

とし、公務や国事行為が十分、果たせなくなる前に皇太子に皇位を譲りたいという生前退位の意向を表明しています。

結局、生前退位の意向は、天皇の真意であったようです。

しかしてこの意向の実現には、皇室典範の改正や新たな法律の制定を必要とし、生前退位制度の新設や新たな元号、あるいは退位後の天皇の呼称や住居の問題が生じてきます。

憲法改正には、ひとまずストップがかかったということでしょうか。

元号が変われば、平成の「平」を分解した「一(イ)・八(ハ)・十(ト)」と成る、平成の神道予言は、また外れます。

平成で岩戸は成らなかった、開かれなかったということですね。

これが現実化します。

キリスト教系予言と同様、いつも外れるので慣れっこですけどね。

最近の神道予言には、以前の記事でも扱いましたが、たとえば「権現仙人の予言」があります。

これですね。

権現仙人の伝言

1910年から100年後、つまり2010年に人類は滅亡するという予言です。

それよりもっと恐ろしいのは、今から約100年後に天災と人災により地球上に大変動が発生し、約3年間にわたり地球が冷下、 大地震・大津波・大暴風雨等悪天候が続き、害虫類が多発し、人類が滅亡する時期が来る。

これは外れました。

縁側でおらが畑の畑っこの小松菜っこ、みながら、茶をすすりつつ、日向ぼっこしているほど平和でした。

人類滅亡など何のその。

次にマヤの予言と同じでしたので割と注目されていたと思いますが、伯家神道(はっけしんとう)の2012年に人類が滅亡するという予言もありました。

今年の天皇誕生日がリミット!? 伯家神道・2012年日本滅亡論

「伯家神道」とは、古来より朝廷に伝わる祭祀の作法を、白川家が代々口伝で伝えてきたものです。

しかし、明治時代になり、伯家神道の教えは失われてしまいました。

そんな伯家神道には、実は、ある言い伝えがあります。

「伯家に伝えられた“祝(ほふり)の神事”を授けられない天皇の御世が100年続くと、日本の国体が滅亡してしまう」

最後にこの「祝の神事」を受けたのが、明治天皇です。

そして、大正天皇が即位した1912年から100年後が、今年2012年にあたるのです。

もちろんこの予言も外れたわけですが、一体何が起こると予言されていたのでしょうか。

これ割と恐ろしい予言であり、残存人類はわずか「3%」と予言されていました。

伯家神道に関連した予言から読み解くと、天変地異が起こり、生き残る人間はわずか3パーセントとなってしまうというのです。

人類は「2億人」しか生き残れないという予言です。

破局噴火が、複合的に世界各地で起こればそうなるでしょうね。

神さまは、人類を滅ぼすのは簡単でしょうね。

ミカエルもあの世から何が起ころうとも食料生産と飲料水は確保できるシステムを早急に確立せよなんて恐ろしい警告をしておりましたが、一体何をする気だったのでしょうかね。

考え得る限りのすべての災害と人災が起こると寝覚めの悪いことを言っていましたが、実に平和でした。

あの世で述べていたことなので根拠のないことではないのでしょうが、ない方がいいのですけどね。

実際はどうなるのかわかりません。

人様の神理を国家単位で抑えておいてこんな破天荒な予言が当たるわけはありませんけどね。

どのような破局的な予言をしようとも、今後も世界は衰退しながら外れていきます。

当サイトの神理が広がるということはゼウス神が動くということですが、この場合は分からなくなります。

日本は神道ゆえにその時に終わってしまうでしょうが、世界的には真の救世運動が開始されると言う意味ですから、何が起こるかは誰にも分かりません。

私も分かりません。

だから神道系が何をどう言おうが、予言しようがすべて外れていくことになる。

福島の件だけで既に終わってるのではないかと思いますが、地球上のすべてが、間違った道を歩んでおりますので地球規模の可能性が高いのです。

当サイトはゼウス神の影響圏だけで「神約民主論」を通した大宇宙の絶対的権威を確立できれば、それだけで幸せな子なんですが、腐敗と罪悪が地球的規模ですので、これは諸神霊の判断ということになります。

物質宇宙は神の表現体であり、神の聖地です。

神の心が「天」であり、神の体が「地」です。

永遠にね。

これと世界は逆を行っているのです。

世界の117ヵ国の民主主義諸国も「自由と平等」の二大概念が矛盾しており、人民共通の利益に基づいた国家契約によって、利益(神の体)を「天」に置き、正義(神の心)を「地」に置いているわけです。

社会主義もそうですね。

唯物論の通り、物質(神の体)を「天」に置き、善(神の心)を「地」に置いて、神さまに無知から逆らっているわけですね。

目の前の大宇宙、すなわち神を見て下さい。

神の心(正義・叡智)が「天」であり、神の体(利益・国益)は「地」なのです。

利益と物質という「地」を「天」に置いているわけです。

神の心と逆をしているのです。

民主主義も共産主義も両方、大宇宙の構造と仕組みの通りしていない悪い子なのですね。

神さまの言う通りにしていないから腐敗し、半数以上もの神の子達が地獄界に堕ちている。

これを大宇宙の構造と仕組み通りにすべてを変えていかなければならないわけです。

腐敗と罪悪が地球的規模なのです。

人間でも理解できるこの点を諸神霊が理解していないわけはなく、それをそのままにしておくことも、また考えにくい。

だから地球的規模の腐敗に関しては、地球的規模の変動、これは超地殻変動ということになるのでしょうが、望んでいなくても、上記のような現象、つまりそうなる可能性はやはり否定できません。

結局は諸神霊が実行することですので彼らの判断ということになるのでしょうが、一致していませんから腐敗は世界的規模の崩壊というよりも衰退という形になっていくかもしれません。

腐らせるままに腐らせ、自滅して頂くという道ですね。

誰も殺したい神霊などいませんからね。

そうなるかもしれません。

サザエでございま~す、みたいな、自業自得でございま~す、の道ですね。

神の心を信じてきた良い子は繁栄して、悪い子は衰退していく、と。

公平でいいですね。

それもすべて自己責任でございま~す。

諸神霊が悪を意図して滅ぼすとかいう道ではなく、悪は腐らせるままに腐らせ、神を売るとは無限を売るという道と同じですから、無限に衰退していくわけですね。

そして最後にはなくなっていくわけです。

そうやって自滅して頂く方が、諸神霊としても殺したり、滅ぼしたりする必要がありませんので、選択肢としては良い選択なのです。

霊天上界で一致していない限り、この時間をかけた選択肢の可能性もある。

どちらにしろ当サイトの開示した神理が動かないうちは、どの諸神霊も何もできませんから、世界のどの予言者が、何をどう予言しようがすべて外れていくことになる。

イエスであろが、ヤーヴェであろうが、神道であろうが、彼らには何もできない。

今までと同じようにね。

ただ動けば、二つの選択肢の可能性があるであろうということです。

関連記事

  1. 予言

  2. 惑星のパレード

  3. スーパー・ブルー・ブラッドムーン 2

  4. 1月19日の太陽フレア

  5. 2015年世界はどうなるのでしょう?

  6. ブラッド・ムーンの予言

  7. 宇宙人と未来人 ?

  8. 都市伝説の信憑性

コメント

  1. Some really wonderful info , Glad I discovered this.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Special

    Six amendments of Christ…
  2. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  4. 国際

    カルパチア号
  5. 国際

    財政の崖 オーストラリア
  6. Special

    The Fundamental Spirit b…
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2015.07.1

    携帯浄水器