単体 C

人は神への信仰によって「宇宙即我」となる 単C

Report No.288

宇宙は神の心の表現体であり、神の体です。

宇宙が目の前に存在する限り、神は存在するのであり、神とは人間の屁理屈で否定できるような存在でもないわけです。

宇宙の存在を否定できない限り、過去・現在・未来の人類は今後も神の存在を否定することはできないということです。

大宇宙が神だからです。

関連記事

  1. 神の心への理解から信仰へ 単C

  2. 絶対無の経済学 単C

  3. 大宇宙、その「存在の愛」 2 単C

  4. 回想 34 単C

  5. 絶対性理論 6 単C

  6. 回想 6 単C

  7. 世界の諸問題の原因と解答 Ⅰ 単C

  8. 救世の4原理 131 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 30
  2. 単体 T

    総括 30 単T
  3. Creator's Report

    救世の4原理 143
  4. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
  5. Truth

    総括 29
  6. 単体 T

    総括 29 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命