単体 C

人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 1 単C

Report No.203

「救世の法」とは、救い主の法であり、救い主とは神以外にはおられませんので、「救世の法」とは、ずばり「神の法」を指します。

自我の法ではないのです。

自我は誰であろうが、相対的な性質しか有しておりませんので、自己都合で法を説けば、それは「神の法」とはならず、「自我の法」となり、自我の法というのはありませんから、それは単なる個人の思想となり、その思想は矛盾(自我)に帰一した法となります。

神の法が矛盾(自我)に帰一すれば、それは神の法とはならず、その法体系の全体は神の統一力によって崩壊していきます。

関連記事

  1. 救世の4原理 77 単C

  2. 回想 23 単C

  3. 救世の4原理 59 単C

  4. 救世の4原理 31 単C

  5. 救世の4原理 72 単C

  6. 道徳性と適法性 単C

  7. 天地一体の悟りに不幸なし 単C

  8. 理念教育学 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T