単体 C

人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 2 単C

Report No.87

人類と世界の諸問題の全ての原因となっているのは、いつの時代でも人類の未熟です。

では個人にしろ、人類全体にしろ、その成熟と未熟を決めている存在とは何でしょう。

個人の好き嫌いでしょうか、あるいは人類ご自慢の多数決でしょうか?

ある特定の個人の好き嫌いが、人類各人の未熟と成熟を決めているのでしょうか。

あの人は未熟な人、あの人は成熟している人と、ある特定の個人、例えば宗教の世界ならば教祖、あるいは救世主と言われる者が決めているのでしょうか。

ないしは多数決でこの人は成熟している人、あの人は未熟な人と決まるものなのでしょうか。

違います。

関連記事

  1. 神の心への理解から信仰へ 単C

  2. 六大神通力 単C

  3. 救世の4原理 69 単C

  4. 救世の4原理 55 単C

  5. 絶対性理論 24 単C

  6. 神について Ⅰ 単C

  7. 救世の4原理 53 単C

  8. 回想 15 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 9
  2. Creator's Report

    救世の4原理 139
  3. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  4. Truth

    総括 19
  5. 単体 T

    総括 19 単T
  6. Creator's Report

    救世の4原理 138
最近の記事 おすすめ記事