単体 C

人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 3 単C

Report No.207

神への信仰とは、眼前の大宇宙を創造した当事者を拝むことです。

それは自己の生命の根源的本質である神の心が表現したものですから、神への信仰とは自己の本質を信ずることと言っても同じです。

宇宙は神の表現である : 西田幾多郎

神とは自己の心の本質ですから、神への信仰をエマソンは「自己信頼」の思想として説きました。

それは自我を信ずることでもなく、表面意識を信ずることでもなく、現象我を信ずることでもありません。

自己の本質と他者の本質が同一の部分、すなわち神の心への信仰です。

少なくとも神への信仰に霊格の高低は関係ありません。

関連記事

  1. 経験を超えて 単C

  2. 主客合一の重要な意味 単C

  3. 多次元世界とは、神を学長とした教育機関 単C

  4. 信仰の本義 1 単C

  5. トロイの神話 単C

  6. 人類の幸不幸と大宇宙 単C

  7. 生死超越文明論 単C

  8. 勝利の方程式 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理