仏陀の法の修正 2 単T

仏陀の法の根源には「正しき心」が中軸にある。

これが最上位に置かれるべき「永遠の目的」であり、宗教的に言えば御本尊です。

「正しき心」は過去・現在・未来の三世を超え、時間を超え、あの世とこの世の空間をも永遠に超越していると同時に我々人類の永遠の目的となっている。

まずこれが中心である。

関連記事

  1. 今年の反省点 2 単T

  2. 裁きと許し 1 単T

  3. GLAと幸福の科学 33 単T

  4. 冥途の土産 単T

  5. 原文 17 単T

  6. 偶像崇拝 2 単T

  7. 産婆術 単T

  8. 見性の極致 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    救世の4原理 44
  2. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14
  3. Creator's Report

    救世の4原理 43
  4. Truth

    原文 40
  5. 国際

    ロシア独自の変異株 急拡大
  6. Creator's Report

    救世の4原理 42
  7. Special

    The law of horizon Ⅲ
  8. Creator's Report

    縦の中道と横の中道
  9. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 13
  10. 国際

    サイクル25
  11. Creator's Report

    愚かな生き神信仰
  12. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 12