仏陀の法の修正 2 単T

仏陀の法の根源には「正しき心」が中軸にある。

これが最上位に置かれるべき「永遠の目的」であり、宗教的に言えば御本尊です。

「正しき心」は過去・現在・未来の三世を超え、時間を超え、あの世とこの世の空間をも永遠に超越していると同時に我々人類の永遠の目的となっている。

まずこれが中心である。

関連記事

  1. 霊界の可視化による地上天国 2 単T

  2. GLAと幸福の科学 34 単T

  3. 神の存在 6 単T

  4. 天のソドムと地のゴモラ 1 単T

  5. キリスト教について少々 単T

  6. 三千世界の次元上昇 1 単T

  7. 神人合一の悟り 単T

  8. 霊格を超えたるもの 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    神の心とは、人類の本音である
  2. Truth

    不動の動者の霊実在界
  3. 国際

    拡大を続けるBRICS
  4. Creator's Report

    自力と他力の考察
  5. Truth

    エリュシオン 21
  6. Creator's Report

    「悟り」とは進化の道
  7. Truth

    エリュシオン 20
  8. 国内

    北朝鮮の関与
  9. Creator's Report

    悟り一元論の世界
  10. Truth

    エリュシオン 19
  11. Creator's Report

    救世の4原理 90
  12. Truth

    神の山