仏陀の法の修正 2 単T

仏陀の法の根源には「正しき心」が中軸にある。

これが最上位に置かれるべき「永遠の目的」であり、宗教的に言えば御本尊です。

「正しき心」は過去・現在・未来の三世を超え、時間を超え、あの世とこの世の空間をも永遠に超越していると同時に我々人類の永遠の目的となっている。

まずこれが中心である。

関連記事

  1. 仏陀の法の修正 3 単T

  2. GLAと幸福の科学 28 単T

  3. 全体の悟り 5 単T

  4. 霊格と過去世 2 単T

  5. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -プロローグー 単T

  6. 罪の世界 単T

  7. 全体の悟り 9 単T

  8. 全次元存在 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 21
  2. Creator's Report

    信仰の基本的奥義
  3. Truth

    基本的人権の中核概念
  4. 国際

    クロス・デフォルト
  5. Creator's Report

    次世代は神の文明となる
  6. Truth

    波長同通の法則の真意
  7. Creator's Report

    勝利の方程式
  8. Truth

    原文 44
  9. 国際

    絶望化するワクチン
  10. Creator's Report

    次世代の文明の土台 1
  11. Special

    The Democratic Testament…
  12. Creator's Report

    正しき未来