仏陀の法の修正 5 単T

仏陀の法の修正という題ですが、今回の仏陀が意図しておられる「神仏の法治主義」を理解するには、その前段階として説かれたGLA初代教祖、高橋信次氏の法への理解が必須なのです。

仏陀の本質はいつでも「悟りと反省」でしょうが、反省するにもあくまで法に照らして反省しなければなりませんので、どうしてもその法を悟る「悟り」が中心に来ます。

関連記事

  1. 全体の悟り 2 単T

  2. GLAと幸福の科学 40 単T

  3. 原文 7 単T

  4. 神の眼を意識しなくなった人間 単T

  5. 神理の基本 2 単T

  6. 救世の法、その概略 単T

  7. 積極的平和 単T

  8. 「一即多、多即一」の多次元世界 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    勝利の方程式
  2. Truth

    原文 44
  3. 国際

    絶望化するワクチン
  4. Creator's Report

    次世代の文明の土台 1
  5. Special

    The Democratic Testament…
  6. Creator's Report

    正しき未来
  7. Truth

    神の素顔
  8. 国際

    Mu(ミュー)株・Nu(ニュー)株・Xi(クサイ…
  9. Creator's Report

    救世の4原理 49
  10. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 20
  11. Creator's Report

    記録
  12. Truth

    霊言の問題点