仏陀の法の修正 5 単T

仏陀の法の修正という題ですが、今回の仏陀が意図しておられる「神仏の法治主義」を理解するには、その前段階として説かれたGLA初代教祖、高橋信次氏の法への理解が必須なのです。

仏陀の本質はいつでも「悟りと反省」でしょうが、反省するにもあくまで法に照らして反省しなければなりませんので、どうしてもその法を悟る「悟り」が中心に来ます。

関連記事

  1. 神の呼吸のみ実在 単T

  2. 絶対無の経済学 単T

  3. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 3 単T

  4. 死刑制度 単T

  5. 無限の悟り 単T

  6. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 8ー 単T

  7. 原文 16 単T

  8. 霊界の可視化による地上天国 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    光の輪廻転生
  2. Truth

    神の絶対的秩序
  3. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  4. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  5. Special

    Axioms that classifies t…
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  7. Truth

    原文 48
  8. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  9. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  10. 真理関係

    真理の柱 3
  11. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2