単体 T

仏陀の法の修正 5 単T

仏陀の法の修正という題ですが、今回の仏陀が意図しておられる「神仏の法治主義」を理解するには、その前段階として説かれたGLA初代教祖、高橋信次氏の法への理解が必須なのです。

仏陀の本質はいつでも「悟りと反省」でしょうが、反省するにもあくまで法に照らして反省しなければなりませんので、どうしてもその法を悟る「悟り」が中心に来ます。

関連記事

  1. 善一元論と善悪二元論の対立 単T

  2. アンタッチャブル 4 単T

  3. 高橋信次の神理 捕捉 3 単T

  4. 統一と矛盾 単T

  5. 自我と物質の考察 Ⅴ 単T

  6. 宗教の正邪を分ける7つの公理 4 単T

  7. 自我と物質の考察 Ⅲ 単T

  8. 天のソドムと地のゴモラ 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理