信仰の本質は、神の善悪にあり 単T

人は神の善を信じ、神の目から見た悪を信じない。

信仰は盲信でもなく、狂信をその本質としているのでもない。

無知が盲信を生み、洗脳が狂信を生むのであるならば、無知から叡智へ、洗脳から神理へと到達しなければならない。

善ならば信じ、悪ならば信じない、「信仰」とはただそれだけである。

では信仰を左右する、その神の善悪とは何か?

関連記事

  1. 裁きと許し 1 単T

  2. 宗教と科学 2 単T

  3. GLAと幸福の科学 23 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 3ー 単T

  5. 生死の大道 単T

  6. イージスの盾 単T

  7. 多次元世界の意味 単T

  8. 高橋信次の神理 捕捉 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    光の輪廻転生
  2. Truth

    神の絶対的秩序
  3. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  4. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  5. Special

    Axioms that classifies t…
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  7. Truth

    原文 48
  8. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  9. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  10. 真理関係

    真理の柱 3
  11. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2