信仰の義務と自由の同一性と相違 1 単T

俗に言う「信仰の義務」と「信仰の自由」との関係を論じてみたいと思う。

「信仰の義務」と「信仰の自由」とは一つであり、切り離すことはできないのです。

近代社会では「信仰の自由」が強調され、「信仰の義務」の部分が理解されていません。

「信仰の義務」が神我であり、「信仰の自由」が自我と言ってもいいでしょう。

関連記事

  1. 神とは無門なり 単T

  2. 仏国土顕現の基本公理 単T

  3. エリュシオン 1 単T

  4. GLAと幸福の科学 26 単T

  5. 原文 21 単T

  6. 信仰の極意 単T

  7. 神は善悪二元論を超える 単T

  8. エリュシオン 15 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41