単体 T

偶像崇拝の意味 単T

神への信仰の欠如は、人間の存在を価値なき存在に貶め、神への信仰は、人間の存在を価値ある存在に高める。

神とは価値だからです。

価値を信ずることを神への信仰と言い、価値を信じないことを神への信仰の欠如と言います。

富と国益の増大を価値あることと信じているならば、それは神の体に価値を求めており、神の体(物質)を「天」に置いている偶像崇拝と言える。

関連記事

  1. 戒律 12 単T

  2. 死刑制度 単T

  3. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 6ー 単T

  4. 宗教と科学 1 単T

  5. 神の山 単T

  6. エリュシオン 42 単T

  7. GLAと幸福の科学 34 単T

  8. 幸福を科学する 6 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T