単体 T

償いの原理 単T

因果の理法とは、原因を作れば、その原因が縁に触れて結果があらわれる。

因・縁・果の理法ですが、神の心が原因であり、神の光の縁に触れて果として宇宙は創造されました。

神の心が原因であり、神の体がその結果です。

ライオンがシマウマを食べ、狼が羊を血みどろで食べる。

食われるシマウマや羊の苦痛は何ら軽減されておらず、このような残酷な世界が愛の神の創造のはずはないところから仏教では無明縁起説が説かれてきました。

迷いの宇宙創造説です。

キリスト教徒が言うが如く大宇宙とは神といった上等な存在が創造したのではなく、「無明」、この迷いが縁起して創造されたのだというわけです。

この点に関して無明縁起説は誤りであり、神の光が縁起して宇宙は創造されたとする光明縁起説が正しいと啓示されたことがあります。

関連記事

  1. 次世代の文明の特徴 単T

  2. 全体の悟り 9 単T

  3. 知の原理 単T

  4. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 20 単T

  5. 神の存在 7 単T

  6. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 17 単T

  7. 総括 11 単T

  8. GLAと幸福の科学 29 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命