全人類幸福化運動とは、「神の聖なる支配」のことである 単T

今回の200年計画である「大救世運動」の中心は、言うまでもなく「釈迦」でした。

釈迦がこの国を世界の盟主とし、中心とするために生まれたわけです。

日本という国家を選択したのは「お釈迦さま」と言われる意識体です。

彼がこの国を選択したがゆえに多くのハイ・スピリットが肉体を持ったのです。

私もその一人です。

私が日本を選んだわけではなく、釈迦のせいにするわけでもありませんけれども、この日本で救世運動が起こり、法が編纂され、それが全世界に波及していくという計画のもとに生まれた人間のひとりです。

法の編纂」はもちろん釈迦が中心でしたけれども、釈迦一人にさせるわけにもいきませんので、私が生まれました。

ひとりでするには大きすぎるのです。

釈迦一人でも私一人でもできないのです。

関連記事

  1. 天のソドムと地のゴモラ 5 単T

  2. イエスの再臨 2 単T

  3. 仏教の本質 単T

  4. 全体の悟り 14 単T

  5. 大家(おおや)さん 単T

  6. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 6ー 単T

  7. 宗教の正邪を分ける7つの公理 5 単T

  8. 創造経済 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  2. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  3. Special

    Axioms that classifies t…
  4. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  5. Truth

    原文 48
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  7. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  8. 真理関係

    真理の柱 3
  9. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  10. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2
  11. Creator's Report

    救世の4原理 61
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 1