単体 T

利自即利他 単T

菩薩の使命は、利他行であるとはよく言われることですが、利他行とは他人を利する行のことです。

仏教では利自即利他、あるいは自利即利他とも言います。

自己を利することが、他人をも利するという意味です。

間違いとまでは言いませんが、自利も利他も共に結果です。

関連記事

  1. アンタッチャブル 1 単T

  2. 波長同通の法則の真意 2 単T

  3. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 18 単T

  4. 全体の悟り 単T

  5. 学級崩壊 単T

  6. 永遠 2 単T

  7. アンタッチャブル 5 単T

  8. GLAと幸福の科学 44 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T