北朝鮮への挑発外交

バリ島の神の山・アグン山は、10月29日に警戒レベルが「オレンジ」から「イエロー」、つまり最高警戒レベル「4」から「3(スタンバイ)」に引き下げられています。

Agung 20171029/1043Z

小康状態を保っているようです。

避難者は14万人のうち9万人が帰宅を命じられ、残り5万人ほどが今後も避難を続けるようです。

バヌアツのマナロ山も警戒レベルが「3」に引き下げられていますが、11月6日~7日にかけて噴火し、2.1km~4.3km(7,000-14,000ft)の噴煙を上げています。

The Weekly Volcanic Activity Report: November 1 – 7, 2017 The Watchers

避難者が帰島したばかりのはずですが、また再避難するかもしれません。

New strong volcanic eruption at Ambae volcano speaks against Vanuatu officials saying volcano continues in the minor eruption state  Strange Sounds

噴火活動が小康状態となり、停止したと思っていたら、また噴火するというのはよくあることであり、まさに火山は気まぐれです。

11月に入り、カムチャツカ半島のシベルチ山とエベコ山も噴火しています。

カムチャツカ・シベルチ山が爆発!噴煙上昇1万5000m 雪崩発生…エベコ山も続く ハザードラボ


ヨーロッパでは、11月1日にストロンボリ火山が噴火しています。

Stromboli volcano (Eolian Islands, Italy): another strong explosion on 1 Nov VolcanoDiscovery

またヨーロッパで噴火が起こりそうな火山が、最高峰エーライヴァヨークトル山であり、290年ぶりに噴火するかもしれないと懸念されています。

アイスランド最高峰 290年ぶりに噴火か?地震活動が活発化 ハザードラボ

南米のチリではビジャリカ山が噴火するかもしれないと言われています。

チリ火山「巨大化したクレーターが怖すぎる!」再び爆発のおそれ ハザードラボ

チリのビジャリカ山では最近、火山性地震が相次ぎ、山頂火口が急速に拡大しているとして、地元の防災機関が警戒体制を強化している。

「クレーターの底部分が4メートル余りもせり上がり、直径も2メートル広がっている」

すべて環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイヤー)です。

シナブン山も噴火しておりますし、段々とリング・オブ・ファイヤーが活性化しているように見えます。

その活性化に比例して北朝鮮問題も熱くなってきています。

北朝鮮は国家核武力が完成したと言っていましたが、それにしては発射実験をしていないミサイルが多すぎます。

3段型の火星13型も北極星3型も、発射実験をしていません。

火星12(ファソン12)は、5月14日に初めて高度2000kmを超え、ロフテッド軌道で2111kmに到達しました。

昨年の6月には高度1400kmまでしかいっていませんでしたから急速な進歩と言えます。

8月29日にはロフテッド軌道ではなく、飛距離を2700kmまで伸ばしましたが、これは不具合があったようであり、グアムまでの3400kmに達しませんでした。

そこで9月15日、再度火星12を発射し、今度はグアムを射程におさめる3700kmまで飛距離を伸ばしています。

これで一応、火星12に関しては完成したのかもしれない。

火星14(ファソン14)は、7月4日のアメリカ独立記念日に発射し、高度2802kmに達し、39分間飛行しています。

通常の撃ち方で撃てば、ロフテッド軌道の高度に3を掛けますと通常の飛距離と言われています。

2802km×3=8406km

7月4日の時点では火星14は、8406kmであり、アラスカやシアトル、あるいは7700kmのハワイまでは射程におさめましたが、まだロサンゼルスには届きません。

そこで改良を加え、7月28日にロフテッド軌道で高度3724kmまで伸ばし、47分間飛行しています。

3724km×3=1万1172km

この7月28日の段階で火星14は、明確にアメリカ西海岸の全域と中西部を射程におさめたわけです。

この段階で火星14は、完成と言っていいのかどうか判然としませんが、一応西海岸は射程におさめたことになります。

ただSLBM(潜水艦弾道ミサイル)である北極星2は不十分であり、3型はまだ一度も発射実験をしていません。

3段式である火星13型もしていない。

これでは核武力の完成とはなっていないはずですが、怖気づいたのかどうか知りませんが、9月15日を最後に一度も北朝鮮はミサイルを発射していません。

トランプ大統領のアジア歴訪中は、発射を自制しているのかもしれない。

日本への訪問には、色々と問題があったようです。

米国大統領をはじめて横田基地から入国させた安倍首相 BLOGOS

戦後の米国の現職大統領の中で、はじめて日本に来日した大統領は誰か。

それは1974年に来日したフォード大統領であることを知っている国民は少ないだろう。

それ以前の大統領は、ニクソンも、ジョンソンも、あのケネディも来日していないのだ。

アイゼンハワーは安保反対で来ることが出来なかったし、占領下のトルーマンやルーズベルトが来日するはずはなかった。

そして、フォードの来日以来、今度のトランプに至るまで、すべての現職大統領が来日している。

しかし、日本に来日した米国現職大統領の中で、羽田空港ではなく在日米軍基地である横田基地から入国したのは、今度のトランプ大統領がはじめてである。

このことが、いかに異常で、日本の主権を侵害したものであるか。

属国ですからね、日本は。

日本の主権侵害を公然と認める愚を犯した結果、はじめて現職米大統領が横田基地に降り立ち、そのままゴルフ場に直行するという前代未聞の事が起きたのだ。

そのゴルフですが、この記事によりますと散々だったようですね。

ミス連発、ほぼ会話なし…安倍首相のゴルフ外交は大失敗 日刊ゲンダイ

「突っ込んだ話」どころか、ミスショットを連発し、2人から白い目で見られていたという。

「1番ホールでドライバーを250ヤード近く飛ばし好スタートを切ったトランプ大統領に対し、何と安倍首相はいきなり“チョロ”。

のっけから赤っ恥をかいたためか、その後、チョロ、ダフリ、バンカーの連続。

これですね。

安倍総理が、バンカーに転げ落ちています。

全体の動画はこれですが、トランプ大統領がさっさと歩き去っています。

まるで主人と召使の関係みたいです。

とても対等の関係には見えませんね。

海外の報道でも安倍総理のアメリカ大統領への異常とも言える阿諛追従は、ジョークにされています。

 

中々、笑える動画です。

まるで今後、日本が転げ落ちていくみたいに見えます。

安倍総理に巣食っているのは神道ですから今後、神道は坂道を転げ落ちていくと見えなくもない。

これなんてさっさとこいつとゴルフをやめたいと言っているように見えます。

しかも投げられたトランプ大統領からのボールを落としているし、それをまたトランプ大統領はほっとらかしにしてるし。

トランプ大統領は知っているのではないか?

安倍総理は、真珠湾攻撃を実行した内閣の大臣をしていた者の孫である事実を。

それはいい気分はしないでしょうね。

でも社交辞令は必要ですから、こういった態度になるのではないか。

安倍首相が中国の南シナ海進出について米国の対応を要請すると、尖閣諸島のことと勘違いした上、突然、豹変し、「そんな小さな島は日本が自分で守れ!」と激怒している。

これがほんとの話ですと、親分と子分の関係ですね。

どうもマスコミの報道は、大本営だったようです。

日本の次は韓国を訪問しましたが、従軍慰安婦の方もいました。

独島エビ」に「従軍慰安婦」です。

特に韓国での国会演説は凄まじく、9月の国連総会演説と同様、金正恩氏と北朝鮮をボロクソに言っていました。

ソース

金正恩氏に対する2度目の強烈な侮辱です。

北朝鮮は「地獄」であり、お前の武力はお前を守らないと言っています。

北朝鮮を完全に破壊すると言ったり、お前の国は地獄だと言ったり、これで戦争にならなかったらならない方がおかしい。

わざと怒らせて、先に仕掛けさせようとしている。

そして山場である中国訪問を迎えますが、28兆円の商談を結んだり、清の時代まで皇帝が使っていた故宮に招待したりと異例づくめの訪問となっています。

トランプ氏:米の対中貿易赤字拡大許したのは歴代大統領 ブルームバーグ

それでも北朝鮮がミサイル発射をしないで我慢しているというのは不気味です。

いつか爆発するのではないか。

真理と戦争と天災は三位一体ですので、どうもきな臭い。

関連記事

  1. ハルマゲドン前夜?

  2. イグ・ノーベル賞

  3. イギリス総選挙

  4. 嵐の前の静けさ?

  5. ブレグジット(EU離脱)・確定

  6. 第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプ就任

  7. スムート・ホーリーの亡霊

  8. 北朝鮮、イスラエルを非難

コメント

  1. I carry on listening to the news speak about receiving free online grant applications so I have been looking around for the top site to get one. Could you advise me please, where could i find some?

  2. Hi there to every one, the contents present at this web
    site are truly awesome for people experience, well, keep up the nice work
    fellows.

  3. you’ve got an excellent weblog here! would you prefer to make some invite posts on my blog?

  4. It¦s actually a great and helpful piece of information. I am glad that you just shared this useful info with us. Please stay us informed like this. Thanks for sharing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    ドゥームズデイ・プレーン テイクオフ
  2. Special

    The Hidden Purpose of Ca…
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 参考資料
  4. Truth

    GLAと幸福の科学 50
  5. Creator's Report

    人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 1
  6. 国際

    気候変動を抑制している新型コロナ
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.10.21

    原文 29