原文 34 単T

原文 33」は、推敲したものを上げています。

多少、どうしても修正が入りますが、上げたものをそのまま翻訳しています。

この善悪の奥義の一つである「道徳性と適法性」は、あと1、2回つづくかもしれません。

善悪の奥義と言っているのは、ヘーゲルやカント、あるいは西田幾多郎博士のような人類の知を代表する天使は、この「道徳性と適法性」の真理は、みな当然のこととして知っているのです。

従って奥義というよりも、神の善悪を判断する時の基本です。

人類の知を代表している天使は、これを当然の前提として思索し、哲学を構築しているのです。

ところが私が見たところ、大衆レベルでは、必ずしも当然のことではないのです。

やっていることを見れば分かりますが、この200年以上前に説かれている「道徳性と適法性」の意味をほとんどの人は知らないのです。

しかもそれが世界の腐敗と直結しています。

これはいかんなと思い、分かりやすく残しておく必要がある。

一部の智の天使のみが知っていて、大衆レベルでは知らない。

恐らくヘーゲル哲学やカント哲学、あるいは西田哲学は難解ですから、大衆レベルでは理解できなかったのであろうと思う。

この「道徳性と適法性」というのは、カントの哲学で説かれてきたことであり、200年以上前の話なのです。

それが分かっていないのは、カント哲学が難しいからでしょう。

この点は、日本における西田哲学と同じであり、難しく、理念も高度なため、読んでも分からないわけです。

だからドイツ観念論から200年経った現代でも、未だこの善悪の基本すら理解されていない。

それを当サイトなりに分かりやすく説いているつもりです。

日本語原文は下記です。

題名は「道徳性と適法性 Ⅱ」です。

関連記事

  1. 原文 21 単T

  2. 左右の両極端を捨てて中道に入れ 単T

  3. 給料どろぼう 単T

  4. 宗教の正邪を分ける7つの公理 6 単T

  5. 仏陀の法 探求の命題 1 単T

  6. 自力と他力 2 単T

  7. オーバー・シャドー(結界) 単T

  8. 「一即多、多即一」の多次元世界 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    光の輪廻転生
  2. Truth

    神の絶対的秩序
  3. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  4. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  5. Special

    Axioms that classifies t…
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  7. Truth

    原文 48
  8. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  9. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  10. 真理関係

    真理の柱 3
  11. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2