向上心と文明の盛衰を決める存在 単C

Report No.215

仏教では「悟りと反省」を説きます。

これは仏陀意識の性格であり、本音なのでしょうが、更なる本質があります。

「悟りと反省」の本質こそが神の心、仏の心と言えます。

従って「悟りと反省」を説くならば、仏の心から説かなければならない。

その真理は仏から発し、仏で終わらなければならない。

「悟り」というのも、あくまで神の心を悟るのであって、富や国益を追っている者の心を悟るわけでもなく、ご都合主義で法を説いている教祖の好悪を悟るわけでもない。

関連記事

  1. 救世の4原理 20 単C

  2. 自己実現思想 単C

  3. あの世の構造 単C

  4. 神の繁栄 ー 無我の現象利益 ー 単C

  5. 永遠の宇宙即我 単C

  6. 救世の4原理 70 単C

  7. 回想 6 単C

  8. 叡智の極点 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 14
  2. 単体 C

    回想 14 単C
  3. Truth

    エリュシオン 44
  4. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  5. Truth

    エリュシオン 43
  6. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  7. Creator's Report

    回想 13
  8. 単体 C

    回想 13 単C
  9. Truth

    エリュシオン 42
  10. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  11. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  12. Creator's Report

    回想 12