単体 C

向上心と文明の盛衰を決める存在 単C

Report No.215

仏教では「悟りと反省」を説きます。

これは仏陀意識の性格であり、本音なのでしょうが、更なる本質があります。

「悟りと反省」の本質こそが神の心、仏の心と言えます。

従って「悟りと反省」を説くならば、仏の心から説かなければならない。

その真理は仏から発し、仏で終わらなければならない。

「悟り」というのも、あくまで神の心を悟るのであって、富や国益を追っている者の心を悟るわけでもなく、ご都合主義で法を説いている教祖の好悪を悟るわけでもない。

関連記事

  1. 救世の4原理 53 単C

  2. 救世の4原理 78 単C

  3. 真理と現象利益は、神の存在に依存している 単C

  4. 救世の4原理 33 単C

  5. 神への信仰と菩提心 単C

  6. 生死の大道 単C

  7. 救世の4原理 6 単C

  8. 救世の4原理 124 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 単体 T

    総括 20 単T
  2. 真理関係

    次世代の真文明 9
  3. Creator's Report

    救世の4原理 139
  4. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  5. Truth

    総括 19
  6. 単体 T

    総括 19 単T
最近の記事 おすすめ記事