単体 C

善悪の基準としての大宇宙 単C

Report No.158

「悟り」とは神の心を悟ることですが、その悟る神の心とは、要は一人一人の普遍的な心の物差しであり、善悪の基準です。

この点は当サイトが10代の頃からずっと求めてきた心であり、何を基準にこれを善とし、何を基準にこれを悪と判断していけばいいのか。

当時は「宗教って何?」、「神って何?」と思っていた頃であり、何も宗教的なことは知りませんでした。

ただその頃でも求めていたものは、この人は一体何を基準にこれを善と認識し、何を基準にこれを悪と認識しているのか。

何を基準に善悪の判断をしているのか。

この善悪の基準を常に求めていました。

その善悪を分ける心の物差しとは何か、善悪を分ける心の基準とは何かを徹底的に求め続けていました。

関連記事

  1. 向上心と文明の盛衰を決める存在 単C

  2. 回想 16 単C

  3. 神について Ⅰ 単C

  4. 大宇宙は宗教宗派を超える 単C

  5. 「救世の法」の完成と成就 単C

  6. 救世の4原理 125 単C

  7. 救世の4原理 129 単C

  8. 人生の意義 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命