単体 C

善悪の普遍的な価値基準 単C

      Report No.414

古い宗教は全般的に方便の真理です。

中々、神の心の全貌を正確に理解できる宗教的真理は見当たらず、それを説くために釈尊も下生されたのでしょうが、使命半ばで死亡してしまいました。

「救世の法の完成と成就」、「宗教改革」、そして「新文明理念の提示」と3つとも使命を果たすことなく死んでしまったわけです。

結局、既存の仏教と同じようなものになってしまったわけですが、仏典の数は多くてもその相互に「連関と統一」が欠けておりますので、学としての体系性を有しておらず、学んでもよく分からないものになってしまいました。

あれでは真理の全貌を理解させることは困難です。

真の神の正確な姿を理解させることもできなかったでしょう。

生き神信仰を始めた瞬間から思想体系の隅々まで「矛盾」が侵入し、法を犯してしまうのは、宇宙がそう造られているからです。

まさに西田哲学で説かれておりますように、神とは宇宙の大統一者です。

関連記事

  1. 救世の4原理 33 単C

  2. 高橋信次の神理 6 単C

  3. 救世の4原理 27 単C

  4. 高橋信次の神理 5 単C

  5. 絶対性理論 1 単C

  6. 人生の意義 単C

  7. 経験を超えて 単C

  8. 救世の4原理 132 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 20
  2. 単体 T

    総括 20 単T
  3. 真理関係

    次世代の真文明 9
  4. Creator's Report

    救世の4原理 139
  5. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  6. Truth

    総括 19
最近の記事 おすすめ記事