単体 C

回想 10 単C

Report No.299

従来の古い宗教は、「信仰の自由」に限定された信仰です。

その神は信じてもいいし、あるいは信じなくてもいいという選択の自由に限定された神、いわゆる人格神への信仰です。

従来の宗教は、世界宗教を含めましても、やはり「信仰の自由」の域を決して超えられないのです。

方便の神への信仰を説きますとその教えもまた方便になります。

関連記事

  1. 政治 単C

  2. 救世の4原理 75 単C

  3. 向上心と文明の盛衰を決める存在 単C

  4. 人類の幸福の原点とは信仰にある 単C

  5. 天地一体の悟りに不幸なし 単C

  6. 救世の4原理 79 単C

  7. 神の心とは、人類の本音である 単C

  8. 神の心とは「即の中道」と「水平線」に在る 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 25
  2. 単体 T

    総括 25 単T
  3. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  4. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  5. Truth

    総括 24
  6. 単体 T

    総括 24 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T