単体 C

回想 32 単C

Report No.368

「輪廻転生の法則」と「多次元世界の存在」、そして「悟りの段階論」を説けない宗教は、今後なくなっていきます。

この3つの法は人間の「人生の意義」と「神の存在意義」によって統一されており、そこの教祖が生き神信仰に耽れば、この3つの法はバラバラとなり、矛盾した法体系となります。

現代において生き神信仰をしてはいけない理由とは、確かに教育も科学も進んでいない昔の時代では方便として許された時代もありましたが、現代は本当の真理を説かなければならない時代であるため、本当の真理の見地から見性すれば、生き神信仰をすれば、全ての真理の法体系が矛盾した法体系になってしまうからです。

本当の神とは何かを知っていれば生き神信仰はできないのです。

それでも生き神信仰に耽るのならば、その教祖は神とは何かを知らないと断定していいのです。

ならば神の御名をもてあそび、神の心でも何でもないものを人間に信じさせていることになり、誤った神の心を人間の心に刷り込んでいることになります。

関連記事

  1. 永遠の宇宙即我 単C

  2. 救世運動の失敗と混乱 単C

  3. 宗教戦争の主な二つの原因 単C

  4. 地上天国の創り方 単C

  5. 救世の4原理 55 単C

  6. 救世の4原理 83 単C

  7. 普遍的な「救世の法」単C

  8. 救世の4原理 91 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾