国債 900兆円突破

本日は「建国記念日」ですが、以前は「紀元節」と言われていました。

国ができた日ですね。

昨日、2015年12月末現在までの国の借金が出ました。

国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成27年12月末現在)財務省

政府債務は「1044兆5904億円」となり、前期よりも「10兆円」ほど借金総額が減少しました。

二期連続で減少しています。

ただ国債発行残高が「900兆円」を突破し、「902兆2005億円」となっています。

10日は日経平均も「1万6000円」を割り込み、「1万5713円」を付けています。

ソース

1万6000円割れというのは、「黒田バズーカ第二弾」である2014年10月31日の「ハロウィン緩和」の前日30日の株価であり、昨日で「黒田バズーカ第一弾」の水準に戻ったことになります。

黒田バズーカ第二弾以降の金融緩和の効果を、すべて消し去ってしまいました。

為替も一時「110円99銭」をつけ、今は「112円前後」をうろうろしています。

明日も株が売られそうです。

毎日、日銀が330億円ほど買いを入れているはずなのですが、それでも下落しています。

株式時価総額は、過去最大であった2015年5月末から、わずか8ヵ月間で「14兆ドル(1600兆円)」も減少し、2月9日、「56兆ドル(6400兆円:1ドル115円換算)」を記録しています。

世界で株安鮮明 時価総額1600兆円減 実体経済 下押し懸念 日経

日本のGDPの3倍の額が8か月間で消滅しました。

日経の記事のすべてはこちらです。

世界で株安鮮明 時価総額1600兆円減 アベノミクス相場 転機 シニア・スローライフの裏庭

これまでに最も多かったのは昨年5月末の約71兆ドル。

08年秋の金融危機では6カ月で18兆ドルの時価総額が消失した。

日米独の時価総額はそれぞれ約2割減少した。

減少額は米ニューヨークで3.6兆ドル、東京証券取引所で130兆円だ。

新興国では中国の上海市場が2.4兆ドルと4割も減少。

資源依存度の大きい南アフリカ、ブラジルが3~4割減ったのも目立つ。

株価下落は企業の資金調達に影を落とす。

大和総研の試算では東証1部の時価総額が130兆円減ると家計消費を約5000億円押し下げる。

日経平均株価の今年の下落率は10日で17%に達し、昨年まで続いた株高局面は転機に差し掛かった。

10日終値(1万5713円)は「アベノミクス相場」の平均買いコストを割り込み、この間に株を買った投資家の多くが含み損を抱えている計算になる。

今年2月10日までの3年3カ月の日経平均を平均すると1万5860円になる。

これはアベノミクス相場で市場全体を買ったと仮定した場合の平均的な買いコストを示し、10日の日経平均はこれを下回った。

ここから更に下落していきますと、莫大な含み損を抱えることになります。

日経平均が1万6000円を割れ、ダウも1万6000ドル台を割れたことを合図に原油や商品も、一斉に新たな下落局面に入ったようです。

国際商品価格を示すCRB指数は「156.40ポイント」を付け、バルチック海運指数も史上最低値「290ポイント」を付けています。

バルチック海運指数 ブルームバーグ

CRB指数

原油価格も本日、NY原油は「26ドル25セント」をつけ、先月の20日につけた最安値「26ドル19セント」まで、あと「6セント」に迫っています。

欧州ブレント原油は、まだバレル30ドル台で踏ん張っていますが、中東ドバイ原油は10日「26ドル70セント」をつけています。

ドバイ原油 日経

先月の1月20日以降は、横這いに推移していた原油価格も、ここから更に下落しそうです。

ここ広島県でもレギュラーガソリンは「1リットル110円」、ハイオクは「1リットル121円」、灯油も変わらずですが、岩手や茨城、三重や愛媛などはリッター100円を切っているところもあるそうです。

この記事を見ますと熊本県も1リットル100円を切っているようです。

原油安、家計にホッと ガソリン100円割れも くまにちコム

原油安で家計消費が増えることを期待しているようですが、上記東証の時価総額130兆円消滅は、家計消費を5000億円下げるそうですので株安で相殺されそうです。

世界はベアマーケットに入っているようですので、今後も株価は下がりそうです。

株価下落は消費低下圧力となる。

日本で最も安いガソリン価格と言われているのが、四国の香川県坂出市です。

ここではリッター95円で売られています。

ソース: 中国新聞

灯油はリッター38円であり、18リットル缶ならば「684円」となり、べらぼうに安いです。

ここはまだ18リットル缶で「1044円」です。

リッター58円ですから20円も違います。

香川県というのは、ここ広島からも近いところなのですが、20円も違う。

原油安の恩恵はこれです。

ソース: 中国新聞

電気やガスも一斉値下げです。

電気・ガス一斉値下げ=原油安で標準家庭24~99円-3月 時事

電気料金の値下げ幅が最も大きいのが東京電力です。

関東の人は良かったですね。

下がるそうです。

電気代が。

3月料金には、年明け以降の原油価格の急落が織り込まれていないため、電気・ガス料金は一段の値下がりが見込まれる。

と、ありますから、まだまだ下がりそうです。

原油価格を上げないように頑張っているサウジアラビアに感謝しましょう。

サルマン親子、バンザーイ。

もちろん冗談です。

昨日、「お金がなければメシが食えないのか、神の心でなければメシが食えないのか」、証明する点に今回の財政破綻と立て替えの本質があると言いましたが、もちろんこれは「立て替え」が大前提なわけです。

既存の体制や秩序の破壊ですね。

神と学との艮の戦い」「金がかたきの世がきたぞ

ここら辺を見れば、何を神道が敵にしているか分かると思います。

日本ではこの屁理屈と言いますか、ワイルドが言っていた「教育によって愚かになった者」、並びに富と国内で戦争をしているのです。

貧乏神ですから貧乏神の敵は、お金に決まってます。

金は目的ではありませんが、否定もしていません。

これを否定してなくせば、次に出てくるのはもっとタチの悪い全体主義です。

富は目的でもなく、否定もできないのに否定しているのが、日月神示です。

これは自我の作用であり、どうも我の強そうな霊です。

自我を強めれば、この世であれ、あの世であれ、神の世界では、必ず神の体の方面の支配をうける。

物質宇宙は神の表現結果、すなわち物質は「結果主義」の属性をもっています。

この結果を目的とするようになります。

ノルマという結果を課したりね、仏弟子は身に覚えがあるでしょう。

これは偶像崇拝なのです。

生命が信仰と悟りによって進化・向上した時、これを原因として結果、何が現象化してくるでしょう。

結果(神の体)、大変動が起こってくる。

自我が強いためにこの結果に支配され、生命の悟りもなく、神理の広がりもないのに、この結果を目的として大変動ばかりを吹聴します。

だからこの霊系統は「あれが起こる、これが起こる」と何十年でも言います。

結果(神の体・物質)を目的としてきたということです。

神の名を語るなど横っ腹が痛い。

食った後、すぐ走ると横っ腹が痛くなるでしょう。

走れなくなってゴール(立て替え)できなくなる。

「うしとら」が立て替えをしたいならば、自己の霊系統から私以上の悟りを得る者を出すしかない。

そんな人はいませんし、あり得ませんけどね。

出せないから犯罪を犯してきた。

従って立て替えと言いますか、浄化はゼウス神がおやりになられるでしょうが、その前兆現象が、今回の原油安でしょう。

もちろんこれは序の口に過ぎないでしょうが、段階がありますので20年かけて浄化していくのですね。

小変動・中変動・大変動・破局変動を駆使しながら、様々に、そして徐々に臨機応変に浄化していくのです。

いきなり信号待ちしている時に、ヒョイッとあの世行きの方もおられるかもしれませんが、それはよほど酷い悪業を重ねてきた方です。

今から世界の崩壊の事業を開始しておかないと間に合わないのですね。

いくらでも利益と国益を拝みますから、どうしようもないのですね。

別に崩壊させたいわけでもないでしょうが、看過もできないということです。

破壊の後の創造が、また10年、20年とかかりますので、ここら辺で崩壊の方面を開始する可能性が高いのです。

「偉い」という捨てようと思えば捨てられる欲望を捨てられない劣った神霊のご都合主義に付き合っている暇はないのです。

日本での救世は、残念ですが失敗したのです。

自分の胸に問えば分かるでしょう。

ゼウス神に移ったのです。

だからこの神霊がするでしょう。

本来ならばお釈迦さんが責任を持たなければならなかったのですが、どうしようもないです。

あそこまでカルト化したら、どうにもならんでしょう。

法を元に戻すだけでも大変な事業です。

釈迦の法を継げるだけの悟りを持っている者でなければ、あの究極の釈迦の法を元に戻すことはできないのです。

釈迦弟子を見ましたが、あれでは無理です。

あの悟りでは、どこでどう釈迦が、間違えたのかも分かってないでしょう。

私はリアルタイムで分かっていましたが、あの弟子は全然分かってないでしょう。

ならばいわんや釈迦の、未だ説かれていない究極の法を説く能力はないと言わざるを得ない。

他にできる者がいれば、私は左クーラーと左団扇という奴で楽させてもらいますが、大体私が中心ではなかったわけであり、釈迦がああなら、消去法でわたしに来てしまう。

釈迦に文句を言っているわけではない。

文句を言わなくても、今のままならば、彼自身が必ず後悔する。

それを知っているから非難をする気はない。

一応、説けますのでね。

日本は神道の国家単位の妨害故に、究極の法が説かれるかどうかは知りませんが、こちらも時間がないのでね。

神道の前科者と付き合う時間はないのです。

だから結局はEUになるということです。

ここが恐らく文明創造、仏国土顕現実験の中心となる。

そう言っておいていいのではないか。

関連記事

  1. 東芝 ジャンク債へ

  2. タカタ、来週月曜日に民事再生法申請

  3. 大企業の不祥事

  4. 日本経済は「ねずみ講」

  5. 日本経済の限界は?

  6. グローバル2000 フォーブス

  7. 新型コロナ感染第2波を招きそうな抗議デモ

  8. 未曾有の危機に直面する世界

コメント

  1. As I site possessor I believe the content material here is rattling fantastic , appreciate it for your efforts. You should keep it up forever! Good Luck.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2018.03.13

    活殺一如 3
  2. 2015.08.10

    見性の極致