単体 C

地上天国の創り方 単C

Report No.386

過去・現在・未来を通して不変であり、変わらない理法とは、世界が腐敗し、崩壊する時というのは、いつでも人間が神への傲慢を犯した時です。

その意味で神への傲慢とは、人間とその文明にとって致命的であり、最大の罪の一つと言っていいでしょう。

神への傲慢とは、相対的なものを絶対化し、神が永遠に「地」と定めているものを「天」に置く動機と思想、並びに行為を言います。

これは「罪の全て」と言っても過言ではありません。

人間の自我は、誰の自我であろうが、その知識・思考・概念・認識・情操、全て相対的な性質しか有していません。

この人間自我を絶対化すれば、それは相対的なものを絶対化する神への傲慢になるのです。

神の造られた正しき世界が、人間独自の世界に変貌し、絶対的な世界が、相対的な世界に変わってしまうのです。

統一された世界が、矛盾した世界に変容していくということです。

関連記事

  1. 活殺一如 1 単C

  2. 光の輪廻転生 単C

  3. 黄金の文明 単C

  4. 救世の4原理 58 単C

  5. 宗教改革 単C

  6. 正しき未来 単C

  7. 救世の4原理 108 単C

  8. 信仰の本義 1 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    神と共に生活する
  2. 単体 C

    神と共に生活する 単C
  3. Truth

    総括 9
  4. 単体 T

    総括 9 単T

最近の記事

  1. 総括 9

    2024.03.2

  2. 総括 9 単T

    2024.03.2

  3. 宇宙の山

    2024.02.28