地獄となりそうなアフリカ

著名人の訃報が続いています。

女優の岡江久美子さん死去、63歳 新型コロナ肺炎で 時事

立石義雄さん、京都に育んだ知恵産業 元オムロン社長 朝日

「だいじょうぶだぁ」の志村けん氏も大丈夫ではありませんでしたし、「はなまるマーケット」の司会をしていた岡江久美子氏も新型コロナで死亡しており、マーケットは新型コロナには勝てないのかなと連想してしまいました。

政府も著名人の訃報に隠れるようにこっそりと景気判断に対して「悪化」という言葉を使っています。

政府景気判断、11年ぶり「悪化」 4月の月例経済報告 日経

政府は23日にまとめた4月の月例経済報告で、景気について「急速に悪化しており、極めて厳しい状況」との判断を示した。

「悪化」の表現を使うのはリーマン・ショックの影響が残る2009年5月以来約11年ぶり。

先行きも「極めて厳しい状況が続く」と記した。

悪化」という言葉を使用するのはリーマン・ショック以来11年ぶりです。

政府は「過去に例を見ない状況だ」と言い、個人消費も2か月連続で急速に減少していると言いながら、東京都知事は買い物は3日に1回にして下さいと都民に要請しています。

買い物「3日に1回」 入店抑制で3密解消を―スーパーの混雑対策・小池都知事 時事

「毎日の買い物を3日に1回程度に控えていただきたい」

余計、消費が落ち込みます。

新型コロナ関連の破綻も続いており、キャスキッドソン日本法人が自己破産です。

キャスキッドソン日本法人、自己破産申請 負債総額65億円 日経

服飾雑貨のキャスキッドソンジャパン(東京・港)は22日、東京地裁に自己破産を申請し、同日破産開始手続き決定を受けた。

負債総額は約65億円とみられる。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、商品の製造を手掛ける英国本社は同国内の全ての店舗を閉鎖。

日本でも政府の緊急事態宣言を受けて店舗を臨時休業し、今後の見通しが立たなくなっていた。

欧米日の先進国が軒並みやられていますが、1987年と2008年の金融危機を予測したアラン・ランツ氏は、新型コロナウィルスは、アメリカの生活水準を脅かすだけではなく、アメリカを二流の世界大国に変貌させる可能性すらあると言っています。

The next 45 days are the ‘most critical period in U.S. financial history,’ says stock-market expert who profited in 1987 and 2008 crises MarketWatch

次の45日間はアメリカの金融史上最も重要な期間になるかもしれないと言っています。

6月までです。

ランツ氏は急速なアメリカ経済の回復も期待しておらず、最良のシナリオでもU字回復になる。

適切な対応をしても回復には相当な時間がかかる。

負の要素が信じられないほど複雑に関係しているためV字回復にはならないだろうと言っています。

トランプ大統領のピークを過ぎたという楽観論にも否定的です。

公衆衛生の専門家もトランプ大統領の楽観論とは正反対です。

ソース

トランプ大統領は以前、新型コロナの感染者は4月までにみんな治ると言っていました。

専門家の意見の方が信憑性がある。

ファウチ所長は、新型コロナは秋に戻ってくると確信していると言っています。

この動画の最後に出てきたレッドフィールド局長の警告の記事はこれです。

「新型コロナウイルス第2波、今冬に米国を襲う より大きな影響も」米CDC局長 NEWSWEEK

米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド局長は21日、新型コロナウイルス感染拡大の第2波が今年の冬に米国を襲う見通しで、インフルエンザの季節と重なるため、今回よりも大きな影響が及ぶ可能性があると警告した。

「次の冬に米国に到来する新型ウイルスの襲撃は、われわれが今回経験したよりも厳しいものになる可能性がある」

レッドフィールド局長は「インフルエンザと新型コロナの流行に同時に直面するだろう」とし、最初の感染拡大時と比べ、医療制度に一層大きな負担がかかることになるとの見解を示した。

やはりアメリカは第2波に呑まれる可能性が高いようです。

今回の第1波は、インフルエンザの終息期と重なりましたが、第2波は同時期と重なると予測されている。

英語の記事の方が激烈です。

Coronavirus: US health official warns of dangerous second wave BBC

第2波はインフルエンザの季節性と一致しており、第1波よりも危険性は高く、より悪化する可能性がある。

医療システムに想像を絶する負担をかけるだろうと言っています。

来年の冬、私たちの国に対する新型コロナウィルスの攻撃は、第1波よりも困難なものになる。

我々はインフルエンザとコロナの両方に対応していかなければならず、それは本当に、本当に難しいと危機感をあらわにしています。

このウィルスは「15日ごと」に変異を繰り返しているようであり、それは毒性を増すものではないようですが、ただそんなに頻繁に変異を繰り返しますと1年から1年半後につくられるワクチンが効かないのではないかという疑念が出てきます。

15日ごと変異、陰謀論否定 遺伝子技術で見るコロナ ナショジオ

ネクストストレインが取りこんだ新型コロナウイルスのゲノム(全遺伝情報)は、2020年3月末の時点で2000を超えた。

データからは、感染の拡大とともにウイルスが平均15日ごとに変異していることが明らかになっている。

「変異」などと聞くと恐ろしげな想像をしてしまうかもしれないが、ウイルスの有害さが増しているという意味ではない。

単に変化しているというだけで、むしろウイルスがどこから来たのかを迅速に知ることができることにくわえて、起源に関する妄言も否定できる。

このネクストストレインですが、新型コロナウィルスは中国が生物兵器として秘密裏に実験室で製造していたという陰謀論を即座に打ち砕いています。

3月17日付で学術誌「ネイチャー・メディシン」に発表されたアンダーセン氏らの論文は、新型コロナウイルスのゲノムの特徴を、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)を含むコロナウイルスや、コウモリやセンザンコウなどの動物から単離されたコロナウイルス株などのゲノムの特徴と比較して、陰謀論を否定した。

そもそも、新型コロナウイルスの基本的な構造は、これまでに研究されてきたどのコロナウイルスとも異なっている。

また、その遺伝子には、実験室で培養されたのではなく、生きた免疫系と戦ってきたことを示唆する特徴がある。

また新型コロナには自然選択と見られる小さな欠陥がいくつかあり、その一つが感染の仕方です。

専門家は人為的に完璧なウィルスを作ろうとするなら、このようにはしないだろうと言って陰謀論を否定しています。

日本でも陰謀論を撒く人は多いです。

大抵、神道ですが、だからカルトだという。

ただ15日ごとに変異を繰り返すというのは、たとえワクチンができてもその効果に影響はないのかね、とは思います。

この新型コロナは通常のウィルスとは異なっており、世界を変えるようなウィルスとなっています。

WHOのテドロス事務局長が、「世界は元に戻らない」と言っています。

ソース

これが「ニューノーマル(新しい常態)」となる。

自然界と生態系を破壊し過ぎです。

新型コロナを人類の敵と言っていますが、ならばこの現実をどう説明する?

空気が澄んで、澄んで、動植物は大喜びさ。

ソース

真理に関して無知な者が多く、自分で作った問題を自分で解決できないために諸神霊が代わりにやっているのだろうと思う。

空気だけではありません。

水の都・ベネチアもこの通りです。

人類の敵がきれいにしてくれている。

ただ単に諸神霊は地球をきれいにしたいだけですから、このまま徐々に浄化が続くでしょう。

ならばそう簡単に新型コロナの問題が終息するとは思えない。

外出制限を緩和すれば、また大気と水質が汚染されるでしょうからね。

WHOのテドロス事務局長もまた「まだ初期段階だ」と言っています。

欧米では横ばいか終息傾向にあるけれども、その他の国は感染が始まったばかりだと言っており、この新型コロナはいとも容易く再活性化すると言っています。

ロックダウン解除は新型ウイルスを「再活性化」 WHOが警告 BBC

「パンデミックの影響を早くに受けていた一部の国では、感染者数の再増加が始まっている」

「世界のほとんどの人がなお、感染しやすい状態だという調査結果も出ている。

つまり、流行は簡単に再活性化する可能性がある」

「私たちが直面している最も危険なもののひとつは、油断だ」

専門家の見解は大体一致しています。

欧米以外の国とはアフリカ、中南米、東欧ですが、ここは感染が始まったばかりです。

特に恐ろしい予測が出されているのは、総人口13億人を抱えるアフリカです。

現時点ではアフリカ全体の感染状況はこうなっています。

ソース

現在、アフリカ大陸全体で感染者数は「2万6777名」、死者数は「1246名」になっています。

国連の推計によれば、これが今年中に感染者「12億人」、死者は最悪「330万人」になると予測しています。

国連「アフリカ、新型コロナウイルスで30万人死亡・2900万人が極度貧困の恐れ」 NEWSWEEK

国連アフリカ経済委員会(UNECA)は17日、アフリカで新型コロナウイルス感染により少なくとも30万人が死亡し、2900万人が極度の貧困に陥る恐れがあるとして、1000億ドルの支援を呼び掛けた。

世界保健機関(WHO)は16日、アフリカ地域の新型ウイルス感染者数は向こう3─6カ月で1000万人に膨れ上がる恐れがあると警告した。

3か月~6か月で、感染者が今の「500倍」に膨れ上がる。

死者は30万人死亡ならば、今の「240倍」、330万人死亡ならば、「2648倍」に上昇する。

7月後半から10月後半までにです。

何も対策が講じられなかった場合、人口約13億人のアフリカ地域で、年内に12億人以上が感染、感染により330万人が死亡すると予想。

各国が厳しい感染拡大抑制策を実施する最善のシナリオの下でも、1億2280万人が感染、230万人が入院、30万人が死亡するとした。

最良のシナリオでも感染者は「1億2280万人」、死者は「30万人」です。

まぁ、日本人が全員感染するようなものですわね。

しかしてこれを地獄と言わずに何と言う。

医療崩壊どころの問題ではないでしょう。

想像もできない。

中南米ではどういった推計になっているのか知りませんが、これが欧米日に逆輸入されるかもしれない。

まさに新型コロナは地球規模の問題となる。

これハルマゲドンじゃないの?

ちなみにアメリカの4月18日までの新規失業保険申請件数が出ましたが、「442万7000件」でした。

UNEMPLOYMENT INSURANCE WEEKLY CLAIMS

前週の数字「524万5,000件」は8,000件ほど下方修正され「523万7000件」になっています。

アフリカとは関係ありませんけどね。

とにかくアフリカに対する国連の予測は異常です。

関連記事

  1. タカタ株 値幅制限の撤廃

  2. 日本経済は「ねずみ講」

  3. 国内からも出てきた衰退論

  4. アメリカ雇用統計 11月

  5. 進むも地獄、退くも地獄

  6. 銀行の受難

  7. 自然界のビルト・イン・スタビライザー

  8. 実質賃金4月の確報

コメント

    • yukimitu takada
    • 2020年 4月 24日

    医学不要論です。
    医療システムが被害を産み出すのです。
    財政破綻した夕張市の様に医療崩壊が健康な市民を産み出すのです。
    全てのワクチンは100害あって一利無しです。
    新型コロナウィルスのワクチンなんて元よりあり得ない話です。
    見られる世界は見る者心の世界なだけです。

  1. Have you ever thought about writing an ebook or guest authoring on other sites?

    I have a blog based on the same subjects you discuss and would love
    to have you share some stories/information. I know my viewers would enjoy your work.
    If you’re even remotely interested, feel free to shoot me an e mail.

  2. Hello to all, how is everything, I think every one is
    getting more from this website, and your views are nice designed for new people.

  3. Hmm it appears like your blog ate my first comment (it was
    super long) so I guess I’ll just sum it up what
    I had written and say, I’m thoroughly enjoying your blog.
    I too am an aspiring blog blogger but I’m still new
    to everything. Do you have any helpful hints for rookie blog writers?
    I’d genuinely appreciate it.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2015.08.5

    原爆記念日