単体 T

多次元世界と輪廻転生の意義 単T

多次元世界の探求と悟りの段階論、そして輪廻転生の法は、人類の未来を創造する「救世の法」と新文明の土台となっている法です。

まさに土台から柱への「土台」なのです。

従って多次元世界と輪廻転生の双方を正確に説けない宗教に未来はありません。

関連記事

  1. 仏国土顕現の基本公理 単T

  2. 「神」とは何か 4 単T

  3. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 6ー 単T

  4. 天のソドムと地のゴモラ 5 単T

  5. 神の造られた世界 単T

  6. エリュシオン 42 単T

  7. 集団自殺 単T

  8. エリュシオン 32 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T