単体 T

多次元世界と輪廻転生 Ⅰ 単T

神への信仰から狂信と盲信を根絶するには、神の心の内容に「知性」を入れるしかありません。

ソクラテスがあの世で真理は知性的に説かれなければならないと言っていたのは、「知性的」というのは第三者がその知性でその内容の正しさを検証し、確認できるからです。

逆から言えば知性的に説かれていない教義は、第三者がその正しさを検証も確認もできないということです。

ソクラテスはそういったものであってはならないと言っていたのです。

関連記事

  1. 全体の悟り 4 単T

  2. 生き神信仰 単T

  3. 信仰の義務と自由の同一性と相違 2 単T

  4. エリュシオン 27 単T

  5. 悟りと反省 単T

  6. 全体の悟り 7 単T

  7. 原文 14 単T

  8. 一念三千 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命