単体 C

大宇宙、その「存在の愛」 2 単C

Report No.348

実在の根底が直ちに神である。

主観客観の区別を没し、精神と自然とを合一した者が神である。

神においては知即行、行即知であって、実在は直ちに神の思想であり意志でなければならぬ : 西田幾多郎

大宇宙において神の思想は常に実践されて行為となり、実践された行為は常に神の思想があらわれている。

知即行であり、行即知です。

宇宙は神の思想の表現体であり、神の思想こそ神の意志である。

すなわち大宇宙とは神の意志の発現である。

大宇宙は、ただ偶然そこに存在しているわけではなく、神の意志の発現体として存在しています。

宇宙とは偶然の存在ではなく、必然の存在なのです。

必ずそこに存在していなければならない必然の存在です。

関連記事

  1. 4つ目の「宇宙即我」 単C

  2. 霊能力の曖昧さ 単C

  3. 信仰の必然性、その概要 単C

  4. 回想 6 単C

  5. 次世代は神の文明となる 単C

  6. 救世の4原理 134 単C

  7. 全人類の幸福とは、天地一体の文明創造にある 単C

  8. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 1 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理