単体 T

大宇宙の存在 5 単T

高橋信次氏時代のGLAでは、多次元世界を「霊実在界」と呼んでおりましたが、生長の家ではあの世を「霊現象界」と呼んでいました。

一体どちらが正しいのでしょう。

結論から言えば、GLAの「霊実在界」という捉え方が正しいのです。

多次元世界というのは本当に在る世界、すなわち「実在」なのです。

生長の家で霊界のことを霊現象界と言っていたのは、例えば多次元世界の例で言えば、仮に菩薩の霊格をもっている者がいたとしても、転落した場合、地獄に堕ちたりするわけです。

逆に6次元霊界の者が、一生懸命努力をし、真理知識を習得し、自己の罪を反省し、謙虚に生きていった場合、7次元神界に上がる人もいるわけです。

8次元の霊人が地獄に堕ちたり、6次元の霊人が7次元に上がったりするわけです。

「永遠」のタイムの過程で霊格がコロコロと変わっていくのです。

関連記事

  1. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 2ー 単T

  2. 生死を超える 単T

  3. GLAと幸福の科学 31 単T

  4. GLAと幸福の科学 33 単T

  5. 汝ら、神の名をみだりに唱えるべからず 単T

  6. 次世代の文明の特徴 単T

  7. 大宇宙の存在 7 単T

  8. エリュシオン 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    神と共に生活する
  2. 単体 C

    神と共に生活する 単C
  3. Truth

    総括 9
  4. 単体 T

    総括 9 単T

最近の記事

  1. 総括 9

    2024.03.2

  2. 総括 9 単T

    2024.03.2

  3. 宇宙の山

    2024.02.28