単体 T

大宇宙の存在 6 単T

 何が実在であり、何が実在ではないのかといった問題は、真理の核心に迫る問題です。

実在とは、本当に在るもの、本当に在る価値、本当に在る思想、永遠になくならないものです。

これを実在と言います。

従来の宗教的真理では、神我と自我、実相と現象、精神と物質を自我で切り、前者を実在とし、後者を非実在として「なし」と捉えてきました。

自我を悪としたり、現象我を「なし」としたり、物質を「なし」としてきたのです。

本当に「在る」ものと比較し、物質とは本当にあるものなのかと問われれば「なし」としてきたのです。

生長の家の「神のみ実在、光のみ真理」が従来の真理における典型の捉え方ですが、本当に在るものとは神の心のみであり、神のみ実在、光のみ真理と説かれてきました。

本当に在るものとは神の心のみであるから、それ以外のものは「なし」となるのです。

ただ自我で偏っておりますのでその真理の質は、方便止まりで終わっています。

関連記事

  1. 霊格と過去世 1 単T

  2. 信仰・希望・愛の三元徳 単T

  3. 原文 2 単T

  4. 仏の慈悲 単T

  5. 信仰の本質は、神の善悪にあり 単T

  6. コモンズの悲劇 単T

  7. GLAと幸福の科学 39 単T

  8. 宗教戦争消滅の法 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理