天地一体の理法とは宗教改革の土台 単C

Report No.209

天地一体の理法とは、神の心のその全てをあらわしている永遠の理法です。

エマソンも同じ風景を見ていたようであり、神の心のその全てをあの「水平線」に見ていました。

美の恒久的特質の一つとは水平線である : ラルフ・ワルド・エマソン

水平線には、その神の全ての善悪があらわれています。

神の心が「天」であり、神の体が「地」で、永遠に天地一体であり、この「一体」を「水平線」と言います。

「天」と「地」は、「水平線」において永遠に一つなのです。

関連記事

  1. 宗教 単C

  2. 救世の4原理 88 単C

  3. 絶対性理論 15 単C

  4. 法の化石化 単C

  5. 自然法爾(ほうに) 単C

  6. 神の思想レベルの実例 単C

  7. 救世の4原理 4 単C

  8. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 2 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41