単体 C

宇宙とは「必然の存在」 単C

Report No.409

神の心そのものは堕落することもなければ、転落することもなく、また地獄に堕ちることもありません。

まさに絶対者です。

人間は無限に向上することもできれば、無限に堕落することもできると言う「無限の向上」と「無限の堕落」の「矛盾」を抱えた相対者ですので、所詮神にはなれません。

「無限の向上」と「無限の堕落」の双方の「矛盾」を抱える人間には、この「矛盾」を永遠に統一している神の存在を必要としており、もし神の存在なくば、人間はみずからの「矛盾」によって崩壊していきます。

「矛盾」とは、ぞれぞれのそれ自体が「無限」ではなく、「有限」であり、限界が存在しておりますのでその限界に達すれば、おのずと崩壊していくか、あるいは新たな進化のステージによって解消されるか、いずれにせよ「矛盾」はなくなっていきます。

あくまで「矛盾」に固執する者は、その「矛盾」と同様、崩壊し、なくなっていくのです。

人間も文明も常にこの「矛盾」によって崩壊し、なくなっていきます。

関連記事

  1. 宗教とは何か 単C

  2. 地球ユートピア実現の真理 単C

  3. 信仰の本義 2 単C

  4. 絶対性理論 16 単C

  5. 神の世界計画 1 単C

  6. 大宇宙、その「存在の愛」 2 単C

  7. 救世の4原理 86 単C

  8. オーラの可視化による地球ユートピア 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾