単体 T

実在の世界観 単T

西田哲学は、主観と客観が分かれる前の一者、すなわち神の純粋経験を捉えんとした哲学であるが、実は主観と客観は分けることができない。

内界と外界は分けることができないため、この内界と外界が分かれる前の実在を捉えんとします。

この世の人間はこれを未熟や肉体観から分けるのです。

関連記事

  1. 絶対の今 単T

  2. 自力信仰と他力信仰 単T

  3. 平等即差別 単T

  4. 菩薩の悟り 4 単T

  5. エリュシオン 21 単T

  6. 救世運動の失敗について少々 3 単T

  7. キリスト教から見たGLA 単T

  8. 偶像崇拝とは何か 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理